相手がどう反応するかを考えすぎて、気持ちを伝えられません

恐れずに自分の気持ちを伝えてみましょう。

イメージ 好きな人に、自分のことを好きでいて欲しいと思うことは自然なことです。好きでいて欲しいからこそ、自分の気持ちを押し付けるようなことはしたくないと考えてしまい、自己表現がうまくできずに悩んでしまう方もいらっしゃるかもしれません。お相手がどういった反応をするのか怖くなり、本音を言えなくなって苦しんでいる方もいらっしゃるでしょう。たとえば、毎日電話やメールを取っていた彼氏が、1日連絡をくれなかっただけで気持ちを疑ってしまうこともあるかもしれません。自分ことをもう好きではなくなったのだろうかと悩んでしまい、お相手にその気持ちを伝えられないジレンマで苦しんでしまいます。しかし、実際にお相手に気持ちを確認してみると、自分の考えすぎだったということはよくあることです。お相手を思いやるあまりに自分の気持ちが言えなくなってしまうと、交際そのものが苦しくなってしまいます。恐れずに自分の気持ちを伝え、お相手の気持ちもまっすぐに受け止めるようにしましょう。

自分の中で問題を解決しようとしない

将来結婚したいと考えているお相手に対し、遠慮して自分の気持ちを伝えないことは良くありせん。お相手の気持ちを考えると、自分の気持ちを伝えることはわがままだと感じることもあるでしょう。しかし、いつも自分の気持ちを抑えていると、お相手を信用することすら難しくなってしまうことがあります。コミュニケーションは、自分の気持ちを伝えることとお相手の気持ちを知ることが大切な要素です。自分の気持ちを伝えるとすっきりするでしょう。そして、自分の気持ちに対するお相手の気持ちを聞くことで、安心することもできるはずです。自分ひとりの中で考え込んでしまうと、お相手の本当の気持ちから遠ざかってしまうこともあります。二人の問題は二人で解決していくという気持ちを持つことで、より深い関係を築くことができるでしょう。

自分の好みのタイプについて知ろう

恋人の気持ちを察することは悪いことではありません。心地よい交際を続けていくために、恋人の気持ちに寄り添うことは大切なことです。一方で、恋人の気持ちを憶測して、自ら不安に陥るのは良いことではありません。恋人に対して不安になるとき、原因について恋人に直接確認してみると、問題が解決しやすいです。それでも、いつも似たようなことで不安に陥るときは、自分の考え方を見直してみましょう。たとえば、連絡が1日でも取れないと不安になってしまうという場合は、毎日連絡をしてくれるお相手を理想としていることが推察できます。しかし、世の中には毎日連絡をしたいと考える方もいれば、連絡はたまに取る程度で良いという考える方もいるでしょう。お相手がどういうタイプなのかということを考え、自分の理想や好みのタイプと一致しているのかどうかを見直してみると良いかもしれません。好みのタイプと外れていたとしても交際を続けたいのか、他に好みのタイプに合うお相手を探したいのかを考えてみましょう。

まずは、無料相談でお会いしましょう。
  • 来店予約
  • 資料請求

TOP