感情を素直に表現することができません

感情表現を上手く伝えられないためなのでしょうか。

イメージ 人には得意、不得意があるため、思い通りの行動や表現が上手くできないケースがあります。特に恋愛に関しては、素直に気持ちを伝えることは難しいのではないでしょうか。上手く伝えることができずに、誤解を招いてしまうこともあるのです。恥ずかしいという感情は恋愛に限らず様々なところで働くことでしょう。緊張や照れ隠しから、気持ちとは反対の態度を取ってしまうことはよくあることです。自分の気持ちを理解している場合は、勇気や努力次第で感情を素直に表現することができるでしょう。しかし、本来の気持ちに気付いていないケースや、曖昧な感情でお付き合いをしている場合には、自分がどうしたいのか答えが見付からずに悩んでしまうことがあるかもしれません。冷たい態度を取ってしまうことは、感情表現を上手く伝えられないためかもしれません。

自分に自信を持ち心を開いてみよう

曖昧な感情からお付き合いを始めた場合は、恋愛やお相手に対して100%の力を注いでいる訳ではなく、自分の立場が上にあるような関係です。お互いのことを知っていくにつれて、好きという感情が強くなり、恋愛に対する考え方も変化していくケースもあります。しかし、中には恋愛に依存してしまことを恐れ、自分の感情を認めたくないと思うこともあるかもしれません。これは自分に自信が持てず、全てが崩れてしまうことへの不安や恐怖から生まれる感情だと思います。自分の中にある価値観で周囲を見ているため、色々な考え方や価値観があることに気付かずにいる可能性が考えられます。多くの方と出会い、様々な価値観に触れることで、改めて自分自身を見直し、徐々に心を開いていくことができるかもしれません。

上手いではなく素直に表現することが大切です

周りの方々に心を開くということは、怖くて勇気がいることだと思います。自分の本心を受け入れてもらえないのではないかと、不安を感じるのは当然のことです。しかし、心を開かずにその時々の状況を上手く乗り切るばかりでは素直な感情は伝わらず、自分自身も疲れてしまいます。お相手の方がどんなにあなたを思い、理解してくれようと努力してくれても、自分自身が心を開かなければ幸せは離れてしまうでしょう。また、結婚は恋愛と違い、好きという感情だけでは乗り越えられない問題もあります。コミュニケーションを図る上で感情表現は大切な手段です。自分のことをガードし過ぎたり、お相手の方に合わせてばかりいては、感情を素直に表現することはできないと思います。自分自身と向き合い、自分を理解することから始めてみることをおすすめします。

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが
責任をもってサポートします。

まずは、無料相談でお会いしましょう。

  • 来店予約
  • 資料請求

TOP