口下手です。男性と向き合うにはどうしたらいいですか?

素晴らしい聞き役になることを心がけましょう。

イメージ 口下手で、なかなか恋愛がうまくいかないと感じている女性の方もいらっしゃるでしょう。男性を前にすると緊張してうまく話せないと思っている方も多いようです。しかし、うまく話せないと思い込んでしまうと、ますます話すことが難しくなります。話すことが苦手ならば、聞き役に徹するというのもひとつの手段です。一般的には、自分のことを話したいと考える方が多いでしょう。言い方を変えると、聞き役にまわってくれる方は貴重な存在だということです。男性が気持ちよく話をすることができるように、適度に相槌を打ちましょう。男性が話したことを反復したり、笑顔で話を聞くようにしたりすると、男性は話を続けやすくなります。楽しそうに自分の話を聞いてくれる女性に対して、男性は好感を持つはずです。口下手だということをコンプレックスに思うのではなく、素晴らしい聞き役になることを心がけましょう。

コミュニケーションの回数を増やして話すことに慣れていく

話をすることが苦手だという方は、無理にうまく話そうとすることはありません。コミュニケーションとは、自分が話をすることだけではなくお相手の話を聞くことでもあります。まずは、聞き役に徹することから始めてみましょう。ただお相手の話に耳を傾けるだけではなく、適度に相槌を打ったり、言葉を反芻したりすると、お相手は「自分の話をよく聞いてくれている」と感じて嬉しく思うはずです。話を聞くことに慣れてきたら、自分の気持ちを伝えそうなときに口に出してみましょう。お相手の話の中で、共感した部分について話すと良いです。話を聞いてもらえただけではなく共感してもらえたと感じたなら、お相手はますます嬉しくなるでしょう。話を聞きながらお相手のことを知ることで、より自分も話しやすくなっていくはずです。口下手だからということで距離を置くのではなく、コミュニケーションの回数を増やして会話に慣れていきましょう。

会話以外でアプローチをする

一説には、会話よりも会話以外のアプローチ方法を取った方が、お相手に好意が伝わりやすいと言われています。女性は服装やヘアメイクにこだわったり、香りの良い香水を使ったりしてアピールをする方法もあるでしょう。しかし、外見を着飾る場合にやりすぎることは避けるべきです。また、会話の中でアイコンタクトを取ったりボディタッチをしたりする方法があります。こちらも、やりすぎは良くないですが、お相手に好意を伝えやすい方法だと言えるでしょう。もし、過去の恋愛経験でつらい思いをしたことや、トラウマになるような出来事があった場合には、自分の心を癒すことを優先しましょう。

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが
責任をもってサポートします。

まずは、無料相談でお会いしましょう。

  • 来店予約
  • 資料請求

TOP