バツイチですが、再婚したいと思っています

一人の男性、女性として再び恋愛をしたいと願うのは普通のことです。

イメージ 近年ではお付き合いをして数ヵ月で結婚を決めたという、スピード婚をする方が多くなりました。その一方で別々の道を歩むことを選ぶ夫婦も増えています。「バツイチ」という言葉は今では珍しいものではなくなっています。スピード婚をした場合、結婚に対する理想と現実の違いや、お互いの価値観の違いを後から知り、別れを選んでしまうこともあるようです。バツイチとなったことで慎重になってしまい、思うように素直な恋愛ができないと悩んでしまうケースも少なくありません。一人の男性、女性として再び恋愛をしたいと願うのは普通のことです。バツイチということに偏見を感じる方は少なくなりましたが、実際に恋愛対象として考えた場合、バツイチの方とお付き合いをすることに抵抗がある方もいるかもしれません。

大切なのは過去ではなく現在の自分です

バツイチといっても、お子様がいない場合は普通の恋愛とあまり変わりはありません。しかし、お子様がいる場合は自分たち二人だけの問題ではなく、恋愛より家族という感覚でお付き合いをすることになるでしょう。結婚をした場合には、複数の子持ちとなることも考えられます。様々な状況を考え、恋愛をするには不利だと感じてしまうかもしれません。しかし、大切なのは過去ではなく現在の自分です。良く見られたいからと嘘や隠し事をせず、全てを話し理解してもらうことが大切ではないでしょうか。傷つくことを恐れていたら、前に進むことはできません。新たな出会いを求めて、積極的に行動を起こしていかなければ、再婚のチャンスはを逃してしまうかもしれません。

自信を持って前に進んでみましょう

バツイチという境遇に悩みや不安を抱えている方は多く、ネガティブになってしまう傾向もあるようです。バツイチになった原因は必ずしも自分にあるとは限りません。自分の意見をしっかりと持ち、優しさや思いやり、責任感などを兼ね揃えた素敵な方は多くいます。自分に自信を持ち、前を向くことが大切です。近年ではバツイチの方を対象とした、結婚情報サービスなどのイベントも多く見られるようになりました。一人では思うように行動ができない場合には、このようなイベントに参加してみるというのも一つの方法でしょうか。同じ境遇ということからお互いを理解しやすく、再婚に対する不安ではなく、支えてあげたいという気持ちと自信が生まれることでしょう。自分に自信が持てなければ、恋愛だけでなく様々なことでも上手くいきません。勇気を出して前へと歩き出してみましょう。

まずは、無料相談でお会いしましょう。
  • 来店予約
  • 資料請求

TOP