離婚を経験しました。人が信じられなくなり悩んでいます

焦らず、ゆっくりと。

イメージ 深く愛し合って結婚をしても、何らかの理由で離婚に至ってしまうことがあります。愛し合ったからこそ、一層深く傷ついてしまうこともあるでしょう。お互いが傷つかずに穏やかに別れることは、あまり多くありません。一度深く傷ついてしまうと、次の恋愛や結婚になかなか踏み出せなくなってしまうケースもあります。離婚をしたことで、人を信じられなくなってしまったという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、人を信じたいと思う気持ちがあれば、次のチャンスはきっと訪れます。自分の人となりやライフスタイルを理解して傍にいてくれる異性は、きっとどこかにいるはずです。焦らず、ゆっくりと自分に合うお相手を探していくと良いでしょう。

離婚のショックから立ち直るには
時間がかかることを受け入れよう

離婚をしたあと、なかなか次の恋愛に踏み出すことができないという悩みを抱えている方々は多くいらっしゃるかもしれません。無意識のうちに、離婚原因がトラウマとなり、恋愛に対して臆病になってしまうことがあります。たとえば、お相手の浮気が離婚の原因である場合、次に恋愛するお相手も浮気をするのではないかと疑心暗鬼になるのです。お相手のことを信じられない状態では、恋愛は長続きしないでしょう。しかし、疑心暗鬼になってしまう自分を責めることもよくありません。離婚のショックから立ち直るには長い時間がかかるということを自覚して、落ち込んでいる自分を認めることが大事です。そして、最初から恋愛目的で異性と接するのではなく、友達を作る感覚で異性と話をしていくようにしてみましょう。離婚のショックを癒すには、異性から愛されることは非常に有効です。手を差し伸べてくれる異性の気持ちを受け取って、少しずつ恋愛に慣れていくと良いでしょう。

相手の気持ちと自分の気持ちを、
冷静に確かめよう

一度離婚を経験すると、恋愛に対して臆病になる可能性があります。離婚のショックから、恋愛対象である異性に対して疑心暗鬼になってしまうのです。たとえば、お相手が浮気をしていなくても、もしかしたら付き合っている間に浮気をするかもしれないと憶測して不安になります。本当にお相手が自分のことを愛してくれているかどうか、自信を持つことができません。一度冷静に、憶測を先走らせていないか考えてみましょう。お相手に対して不安なことや、聞きたいことははっきりと聞くことです。お相手の話を聞くと、自分の憶測が当たっているのかどうかがわかるでしょう。ただし、感情的にお相手を責めるような聞き方をしてはいけません。お相手のことを思いやることは、交際していく上で非常に大切なことです。冷静に自分の不安や疑問を伝え、お相手の話を聞きましょう。

まずは、無料相談でお会いしましょう。
  • 来店予約
  • 資料請求

TOP