相手にもう一度会いたいと思わせる方法

自分ができたことに目を向け、少しずつ自信を持ちましょう。

イメージ 婚活をしていて、デートの約束を取り付けることができても、その次に続けることが難しいと悩んでいる方もいらっしゃるようです。最初のデートは緊張してしまい、上手く話せないまま終わってしまったということもあるかもしれません。緊張する理由としては、相手にどう思われるか心配し過ぎてしまうことが要因の一つとして挙げられます。自分に自信を持つことができなくて不安に感じることもあるでしょう。しかし、自分ができなかったと感じることよりも、自分ができたことに目を向けるようにすることで、少しずつ自信を持つことが可能です。たとえば、婚活パーティの席で、異性に笑顔で挨拶することができたら素直に喜び、自分のことを認めることができるようになると、自然と相手のことも認めることができるようになります。すると、そのように心がけることで、次回のデートも緊張することなく臨みやすいでしょう。

別れ際に次のデートをイメージしてもらう

連続ドラマを見ようという気分になるのは、初回の放送が面白かったというだけでなく、番組の終わりにある予告を見て次回の放送が気になるときでしょう。デートでも似たようなことが言えるでしょう。デートの別れ際に、相手に次回のデートのイメージを持ってもらうことは大切です。相手が行ってみたいと言ったところに行ってみようと話したり、気になるレストランの話題があればそのお店へ食事に行きましょうと話しをすることで、お相手も次のデートが楽しみになっていきます。2回目のデートに繋げるためには、初回のデート中に約束をすることをおすすめします。ただし、気負い過ぎずに会話の流れを大切にしてください。

デートのなかで相手に好意を示す

初回のデートでは緊張しがちですが、次のデートに繋げるためにも可能な限り相手に好意を示すことが大切です。まず、要所で相手の目を見て話をするようにしましょう。もしくは、相手が話している時にアイコンタクトを取ることを心がけてみましょう。視線を合わせることで、相手に興味を持っているというサインにもなります。また、笑顔を心がけましょう。会話の中では、相手の気持ちに寄り添うようにし、共感してもらうことで心を開きやすくなります。そして、スキンシップも好意を示すためには有効な手段です。しかし、男性からスキンシップを行うのは難しいでしょう。女性からさりげなく行うと良いかもしれません。デートの最後に握手を求めることで、相手に良い印象を残すことができるでしょう。

まずは、無料相談でお会いしましょう。
  • 来店予約
  • 資料請求

TOP