お相手の気持ちを理解してタイミングを読む

タイミングの読み方。

イメージお互いに好感を持ち、おつきあいを続けていても、結婚にたどりつかない大きな理由のひとつが、タイミングがずれるということです。
片方は気持ちが盛りあがって、相手のことで頭がいっぱいで、果敢に好き好き光線を送ってくる。もう一方も悪い気はしないけれど、相手ほどの気持ちはない。

ところが、だんだん相手の気持ちにほだされて、気持ちが盛りあがってきたと思ったら、今度は相手の盛りあがった気持ちが冷めてしまっている。
そんな例はよくあります。

心の変化はコントロールできるものではありませんが、うまくタイミングを読むことがたいせつ。次の点には注意しましょう。

いきなり高価なプレゼントを贈らない

お互いに好感を持っておつきあいしていても、会って数回ではハッキリと気持ちが決まっていないもの。その時点であまり高いものを贈ると、相手は重圧感をもってしまい、先に進むのをためらってしまうこともあります。

焦って結論を急ぎすぎない

自分の気持ちが盛りあがったからといって、会って数回でプロポーズしては、相手は安く見られたような気分になります。
自分の気持ちだけではなく、相手のテンションはどのくらいなのか、冷静におつきあいの状況を見る目も必要です。

じらさない

女性に多いのですが、相手がとても自分を気に入ってくれ、自分も相手を気に入っているのに、最初からいい顔をすると自分の値打ちが下がるような気がして、「好意がある」ことをハッキリ表さない人がいます。
けれど、ちやほやしてくれているうちが花。あまりじらすと、相手はあきらめて、違う人のところに行ってしまいます。

まずは、無料相談でお会いしましょう。
  • 来店予約
  • 資料請求

TOP