短時間のデート回数を増やして関係性を構築

短時間でも、会う回数をふやそう。

イメージ何度もくり返しますが、初対面の出会いは緊張や警戒感でストレスになります。ですから、デートが長時間になると、気づかないところで疲れがたまってしまいます。

たとえ一時的に盛りあがったとしても、そんな時間が続くともかぎりません。必死のコーディネートも、途中でボロが出てしまうかもしれません。
また、もう少しいっしょにいたいなと思うくらいで切りあげたほうが、また会いたいという思いがめばえ、次につながります。

ですから、出会ってまもないころは、長時間のデートは避けたほうがよいでしょう。
そのかわり、あまり間をおかずに短時間のデートをくり返すことです。

数時間のデートでも、同じ時間をともにし、食事をしたり話をするなかで、ふたりの距離は必ず縮まります。相手に対する気持ちも、前よりは上がっているはずです。

そのテンションが下がらないうちに、次のデートをすれば、お互いの思いはどんどんプラスされていきます。
ところが、せっかくテンションが上がったのに間をおくと、そのあいだに気持ちのレベルが下がってしまい、またゼロから始めなければならなくなります。

仕事が忙しくて、デートの時間がとれないような場合も、まめにメールなどを送って、せっかく深まった関係を持続することがたいせつです。

まずは、無料相談でお会いしましょう。
  • 来店予約
  • 資料請求

TOP