結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > 私たちの想い > プレスリリース > 三重県 結婚ポジティブキャンペーン公式動画
「#思いやりアクション」公開

会社情報

プレスリリース

2016/03/22

<パートナーエージェント地方自治体事業受託成果報告> 三重県 結婚ポジティブキャンペーン公式動画
「#思いやりアクション」公開 ~動画公開当日に「みえ思いやりアクション動画アワード」も開催~

成婚率にこだわる婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェント(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤茂、証券コード:東証マザーズ6181以下パートナーエージェント)は、三重県の「『夫婦・恋人の応援プロジェクト事業の受託事業者として、結婚ポジティブキャンペーン公式動画「#思いやりアクション」を制作いたしました。本動画が35()公開されましたのでお知らせいたします。

◆「夫婦・恋人の絆」=「思いやり」の気持ちを伝える「思いやりアクション動画」を制作

三重県では、「希望がかなう みえ 子どもスマイルプラン」の取組の一つとして、より多くの方の「出逢い」や「結婚」への希望がかなうよう「結婚ポジティブキャンペーン夫婦・恋人の絆応援プロジェクト」をスタートしました。

今回その第一弾として、「しあわせのミエる化」を基本コンセプトに、パートナーへの「感謝」「愛情」「信頼」といった「絆」を表すメッセージを込めた結婚ポジティブキャンペーンの公式動画として#思いやりアクション」を制作し、動画の公開当日に「みえ思いやりアクション動画アワード」も開催いたしました。

本動画では、いつもパートナーに伝えているようで伝えきれていない「感謝」「愛情」「信頼」といった思いやりの気持ちを具体的な「アクション」としてパートナーへ表現する大切さを伝え、若い男女に向けて結婚や家族形成に対するポジティブなイメージを持っていただくことを目的としています。

撮影は、三重県にゆかりのある方、結婚ポジティブキャンペーンを応援したい方にご協力いただき、おかげ横丁・猿田彦神社・夫婦岩・近鉄四日市駅等の三重県内各所で実施しました

また、「みえ思いやりアクション動画アワード」では、主催者挨拶に始まり、グランプリ及び準グランプリの発表、本動画の上映を行いました。また、本動画に楽曲提供頂いた、三重県四日市市出身の歌手、Ms.OOJAさん(みえの国観光大使)をお迎えし、ライブパフォーマンスや鈴木知事とのトークセッションを実施しました。


◆結婚ポジティブキャンペーン公式動画「#思いやりアクション」

本動画のShort ver. 及び Long ver. を「みえ思いやりアクション動画アワード」で上映いたしました。

会場全体が本動画の出演者の方々のパートナーや家族へのメッセージによって、温かい雰囲気に包まれていました。


<公式動画URL>


#思いやりアクションShort ver. / 三重県[公式]

https://youtu.be/iq1qGfiOhX8‬


#思いやりアクション Long ver. / 三重県[公式]

https://youtu.be/ZxGwqSNLO_U


「みえ思いやりアクション動画アワード」授賞式

鈴木知事より、グランプリの野村奈美栄さん、準グランプリの吉光祥(しょう)さんと金子愛(めぐみ)さん(吉光さんは欠席)へ動画の撮影時のメッセージボードに装飾を施した記念品や本キャンペーンのシンボルでもあるオレンジ色のバラ*花束を贈呈しました。

グランプリの野村さんは「もう何なんだかわかりませんでした。結婚して50年が経ち、子供3人・孫8人おり、ここまで健康で頑張ってこられたことに感謝しています。」と受賞の感想を述べられました。

準グランプリの金子さんは「私たちは三重県と千葉県で遠距離恋愛をしていて、なかなかお互いの気持ちを伝えられる機会が少ないので、彼からの熱いメッセージをただたいてものすごく嬉しかったです。」とメッセージを聞いた際の感想を話されました*オレンジのバラの花言葉=「絆」


◆主催者/三重県知事挨拶

平成2852627日に伊勢志摩サミットが開催される三重県ではジュニアサミットの開催や花いっぱい運動など全県的に取組を展開しています。

三重県の結婚支援の取組としては、結婚については個人の考えを尊重することを大前提にしながらも、結婚を希望する人には希望がかなうよう、出逢いを求める人には「みえ出逢いサポートセンター」による出逢いの場の情報提供などの取組を行っています。

結婚に関する三重県の状況として、三重県の生涯未婚率は20年前と比べると約4倍にもなっており、男性の生涯未婚率が16.3%女性が7.1%という状況です。しかし実際には、未婚男女9割以上の方々が結婚を希望しています。

県民の結婚の意識と現状について、県民は幸福感を判断するのに「家族」を重視している一方、既婚者が現在のパートナーとの結婚生活に、どの程度の幸福を感じているか、という結婚の質を指標化した結婚の幸福度(QOM)調査*によると、全国47都道府県中、45位という状況です。

その要因としては「パートナーとのスキンシップや会話がない」「夫は妻に感謝していても、直接伝えていない」事などが挙げられています。

若者が結婚に希望を持てる三重に向けて、今回のキャンペーンでは、多くの方の協力を得て、結婚や家族形成に対するポジティブなイメージや、パートナーへの感謝の気持ちを伝える事の大事さを表現したい、という想いから、Ms.OOJAさんに楽曲を提供いただき、結婚ポジティブキャンペーン公式動画の制作を行いました。

本県では、#思いやりアクション」を通じて、結婚・家族形成に関するポジティブなイメージを広く発信し、若者が結婚・家族形成に夢や希望が持てる地域社会づくりを今後も進めて参ります。

*2014年度QOM調査:株式会社パートナーエジェント調べ



◆参考/“結婚の幸福度”『QOMQuality of Marriageについて

『QOM』とは、「Quality of Marriage」を略したもので、結婚生活における夫婦それぞれの幸福度を数値化するために開発されました。

近年、ブータンのGNH(国民総幸福度指数)やフランス・イギリスなど様々な国で幸せを数値化する試みが行われていますが、『QOM』は現代の日本人の結婚観を反映し、“結婚の幸福度”の数値化を試みた世界でもユニークな指数です。

20歳~69歳までの夫婦の定量調査を元に、結婚生活の幸福度と相関性が高い要素を選んでいくことで2013年に開発されました。(2013年時は3,600名調査)「自己PR力」「観察力」「ケンカ力」「仲良し力」「境界力」「過去未来力」の6つのカテゴリーからなる全80問の設問に答えることにより、現在の結婚の幸せが1,000点満点で数値化されます。


◆参考/『QOM診断サイト、三重県のQOM結果について

該事業受託に先立ち、パートナーエージェントが研究・開発している“結婚の幸福度指数”『QOMQuality of Marriagehttp://www.qom.jp/ )の受検者結果を分析したところ、三重県は「QOM全国ランキング」に於いて47都道府県中、45位(QOM受験者中の既婚者88,150人データ)、県男性の平均QOM指数は1,000点満点中601.1点、県女性は569.2点と女性の平均QOMが著しく低いという分析結果となりました。(2014年度調査結果)

また、三重県の既婚者は「のろけ話をしますか?」という項目で約6割が「しない」と答え全国ワースト1位であり、一方で愚痴や悪口は周囲に話しているようであることから、三重県の既婚者が未婚者へ結婚へのネガティブなイメージを与えている可能性が高いという分析結果となりました


関連ページ

パートナーエージェント支店一覧

札幌店  新宿店  銀座店  銀座数寄屋橋店  池袋店  上野店  丸の内店  町田店  横浜店  大宮店  千葉店  船橋店
名古屋店  岡崎店  静岡店  浜松店  大阪店  なんば店  京都店  神戸店  福岡店  北九州店

パートナーエージェント公式SNS

新着ニュースや人気のプレスリリースをお届けします。

本件に関する報道関係者からのお問合せ先
TEL:03-6388-9831  FAX:03-5759-2701  info@p-a.jp / 広報担当:野沢

TOP