結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > 私たちの想い > プレスリリース > 【全国初】 佐賀県の結婚相談員養成講座を受託

会社情報

プレスリリース

2015/07/07

婚活支援サービスのパートナーエージェント 【全国初】 佐賀県の結婚相談員養成講座を受託 “さが出会いサポートセンター”結婚相談員7名が受講

成婚率にこだわる婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェント(本社:東京都品川区、代表取締役:佐藤茂、以下パートナーエージェント)は、佐賀県の結婚相談員養成講座を受託し、2015年6月29日~30日の2日間で実施いたしました。都道府県レベルの自治体が運営する結婚支援事業所の相談員養成を民間の婚活支援サービス会社が受託するのは、全国で初めてのことです。※2015年6月30日現在 自社調べ

◆民間企業のノウハウを取り入れたい
佐賀県では、県民の「出会い・結婚・出産・子育て」というライフステージにあわせた“しあわせづくり”をお手伝いするため、「418(しあわせいっぱい)プロジェクト」を推進しています。中でも、独身男女の1対1の出会いをサポートする”さが出会いサポートセンター”(https://www.sagadeai.com/)を昨年8月より開所し、登録者数も順調に伸びています。(2015年3月末時点:481名)”さが出会いサポートセンター”では、登録者数が増えるにつれ、婚活者からの相談も増えたことから、民間の婚活支援サービス提供企業のノウハウを取り入れたいとのご要望へと繋がり、今回の実施に至りました。

今回実施した結婚相談員養成講座では、パートナーエージェントの婚活コンシェルジュを育成しているトレーナーの責任者(コンシェルジュトレーナーチーム マネージャー 丸尾千扇)が講師を務め、動画を用いて婚活者と相談員のやり取りの事例を具体的に紹介し、座学だけではない実践的な内容となりました。受講していただきました相談員の皆様へのアンケートでは、「動画があることで客観的に相談ノウハウを学べた」「質問タイムで、これまでの疑問や課題が解消されて満足した」といった感想が寄せられました。
今後もパートナーエージェントでは、佐賀県の「独身者向けセミナ―」実施や、その他地方自治体の運営する結婚支援事業所の結婚相談員サポートデスク(仮称)の開設など、それぞれの地域の特性とニーズを基に、地方自治体向けサービス開発を推進してまいります。

~結婚相談員要請講座実施概要~ 
►講座1 60分 「結婚相談員とは」
►講座2 60分 「聴く力」の基本
►講座3 60分 「聴く力」の技術
►講座4 60分 「(受け止めて)返す力」
►講座5 60分 「苦情の対応の心得」
►講座6 60分 「婚活スキルアップ指導」
►講座7 60分 「総合演習I」
►講座8 60分 「総合演習II」

~さが出会いサポートセンターについて~
佐賀県では、少子化対策として「出会い・婚活、妊娠・出産、子育て」というライフステージにあわせたしあわせづくりのお手伝いをする『418(しあわせいっぱい)プロジェクト』に取り組んでいます。
晩婚化や未婚化に対する取組として「さが出会いサポートセンター」を設置し独身男女の1対1の出会いを支援します。

►事業内容
・「さが出会いサポートセンター」の設置・運営
・会員登録・閲覧/マッチング受付:会員の登録を行い、会員同士のプロフィールを開示し、閲覧・マッチング申込みを受け付ます。
・お引き合わせ/フォロー:マッチングが成立した会員同士のお引き合わせを行います。婚活サポーターが立ち会い、フォローします。
(参考:さが出会いサポートセンターHP)

~参考”佐賀県の婚姻状況について”~ 
平成 23 年の本県の婚姻数は 4,015 件で前年の4,210 件より減少し、婚姻率(人口千対)は前年の 5.0 を下回り4.8 となっている。婚姻率の年次推移は、終戦直後の婚姻ブームのあと急速に低下し、昭和 30 年代の初めは上昇の傾向にあったが、34 年を境にしてゆるやかに低下を続けた。
40 年代に入ると、戦後第2の婚姻ブームを反映して上昇を始めたが、47 年をピークに低下し、平成 2 年以降は多少のばらつきはあるものの、ほぼ横ばいで推移している。
(参考:佐賀県平成23年人口動態統計)

関連ページ

パートナーエージェント支店一覧

札幌店  新宿店  銀座店  銀座数寄屋橋店  池袋店  上野店  丸の内店  町田店  横浜店  大宮店  千葉店  船橋店
名古屋店  岡崎店  静岡店  浜松店  大阪店  なんば店  京都店  神戸店  福岡店  北九州店

パートナーエージェント公式SNS

新着ニュースや人気のプレスリリースをお届けします。

本件に関する報道関係者からのお問合せ先
TEL:03-6388-9831  FAX:03-5759-2701  info@p-a.jp / 広報担当:野沢

TOP