ホワイトデーを意識する男性の特徴とは?

バレンタインデーにチョコレートを渡したら、やはり相手からのお返しが気になるもの。
特に本命の男性だった場合、ホワイトデーにどういう反応になるか、気になる方も多いのではないでしょうか?
ここでは、ホワイトデーを意識する男性の特徴についてまとめました。

男性全般にありえること

男性はホワイトデー自体を忘れている場合があります。
既婚者の中にはバレンタインデー、さらには奥様の誕生日や結婚記念日を忘れてしまう男性もいますので。バレンタインデーと比較するとホワイトデーのお返しは存在自体を忘れられていることがあります。

また、男性はホワイトデーを面倒だと思っている場合もあります。
特にこれまで女性と付き合ったことがない男性の場合、バレンタインデー、クリスマスなど、恋愛が絡むようなイベント事全般に苦手意識がある方もいます。

こういう男性の場合、ホワイトデーは意識していない、もしくは意識して避けていることになります。
バレンタインデーにチョコレートを渡しても、期待はできないかもしれませんが、ホワイトデーに何もなかったとしても逆に大きく落ち込む必要もないと思います。

まめな男性、まじめな男性の場合

まめな男性はホワイトデーにきちんとお返しをしてくれます。
ただ、相手の本心はわかりにくいかもしれません。というのも、まめな男性は義理チョコ、本命チョコの区別なく、「お返しはするものだ」と心得ているからです。

また、まじめな男性は義理でも本命でも、もらったものはお返し「しなければならない」と考える傾向があります。まじめなゆえに、「義理チョコを迷惑に思う」、「好意のない女性からのチョコレートは重いと感じる」という心理もあるようです。

バレンタインデーにチョコレートを渡したあと、しばらく特に反応はなく、ホワイトデーにお返しがあった場合は、まずは「まめな男性」もしくは「まじめな男性」と思うことが無難でしょう。

好意を持っている女性からチョコレートをもらった場合

ホワイトデーを待たずに何かしら反応があるはずです。
チョコレートをもらった瞬間の相手の表情はどこか普段と違うでしょうし、そのあとも男性のほうから親しみを持って接してくる機会が増えるはずです。
また、バレンタインデーにチョコレートをもらったことで貴女を意識し始める場合もあります。
その場合も、ホワイトデーは関係なく、すぐにアプローチがあると思います。ただし、積極的な男性と、そうでない男性がいます。

積極的な男性の場合でしたら、相手のほうから挨拶してくる機会が増えるとか、色々なイベントに誘ってくるとか、わかりやすいと思います。
奥手な男性の場合は、それまで普通に接していた貴女の顔をまっすぐ見なくなる、急に恥ずかしそうに避けるなど、一見嫌われたかような反応になるかもしれません。その場合でも、ホワイトデーには(一言メッセージが添えられるなど) なにかしら意味のあるお返しがあると思います。


41-b
以上、ホワイトデーを意識する男性の特徴についてまとめてみました。バレンタインデーからちょうど一か月後のホワイトデー。それまでの間ドキドキするかもしれませんが、もし相手が貴女に好意を持っている場合、相手もドキドキしていますよ、きっと。

籾山照治

結婚12年、子供ありの40代おっさん。 独身時代は浮き名を流す、なんてことはまったくなく一途な恋愛をする純情派。 高三の時に唯一のモテ期を経験。今に至る。

新着記事