男性が本命彼女に絶対に言わないセリフ4選

彼にとって「自分は本命の彼女なのか?」「ただの友達なのではないか?」等、不安になってしまうこと、ありませんか?
かといって、彼に直接確かめて気まずい雰囲気になったら嫌だし…。何か確かめる方法はないものでしょうか?

実は、男性は本命の彼女とただの友達や遊び相手だと思っている女性に対して、態度や言動が明らかに違います。そこで、本命の彼女かどうか簡単に確かめることができる、男性が本命の彼女には絶対に言わないセリフを4つご紹介します。

本命の彼女には言わないセリフ~デート編

~行けたら行く~

本命の相手に対して、男性はこんな曖昧な返事はしません。彼女じゃなくても、気になる相手にデートに誘われたら、誰だって嬉しいはずです。ましてや、本命彼女とのデートなら、行けなくてもなんとかして行くはずです。もし、本当に行けるかどうかわからない場合には、「その日は行けない可能性が高いけど、来週の土曜日はどうかな?」など、別案を出してくれるでしょう。「行けたら行く」は、「面倒くさいから行きたくない」と言われているようなものです。本命の彼女には絶対に言わないセリフです。

~〇〇も誘ってもいい?~

2人でデートをする約束をしていたのに「〇〇も誘っていい?」と、2人でいることを避けるような言動は、本命の彼女にはしません。もし、2人で行くよりも大人数の方が楽しそうな場所に行くのならば、最初から大数人で企画するはずです。最初は2人で行くはずだった場所に後から誰かを誘うということは、2人でいることを避けている可能性が高いでしょう。大人数の方が楽しいかもしれない場所でも、本命なら彼女さえいればいいはずですから。

本命の彼女には言わないセリフ~仕事編

~急に仕事が入った~

pixta_21616582_S
まず、本命の彼女にデートのドタキャンはしません!!「ごめん。急に仕事が入ったからデートできなくなった」という事は、よっぽどの事がない限りありません。彼氏が外科医で緊急オペが入ったなんて、ドラマの世界の話です。デートの当日に急に仕事が入るなんて、滅多に起こることではありません。
もし、本命の彼女だったら、彼もデートを楽しみにしています。万が一仕事が入っても、デートよりも仕事の方を必死に調整しようとするはずです。

~忙しい~

平日の仕事が終わった後の時間や、休日に予定を聞いても「忙しい」と言われてしまう事が続いた場合、本命ではない可能性が高いと言えます。確かに、仕事が忙しい時もあります。もし本命の彼女だったら、ただ仕事が忙しいだけではなく、「今は仕事がいそがしくて、2週間後には落ち着くはずだから、2週間後の金曜日の夜に食事はどうかな」等、具体的なプランを提示してくるはずです。ただし、彼氏が口下手だった場合には、本当に忙しい可能性もあるので、しつこくせずに時間をおいてから、また連絡してみましょう。

まとめ

男性は、本命の彼女とただ単に遊び相手としか思っていない女性とは、明確に分けている場合がほとんどです。ご紹介したセリフに思い当たることがある場合、本命ではない可能性があります。あまりしつこくして嫌われてしまうのも悲しいので、自ら身を引くことも考えた方がいいかもしれません。

夜の兎

食と恋愛のことになると、つい周りが見えなくなりがち。 30歳を過ぎても、様々なことをどん欲に吸収しているフリーライター。 モットーは「振り回されても、流されない。」

新着記事