恋愛体質のメリット・デメリット

「何年も彼氏がいない」という女性もれば、「彼氏がいない時期がない」という女性もいます。「彼氏なんていらない」という女性もいれば「彼氏がいないと生きていけない」という女性もいます。どちらの場合も、後者の女性は、俗に恋愛体質と呼ばれます。

「恋愛体質だよね」と言われるとき、そこには、「モテてうらやましい」という意味が含まれている場合もありますが、「恋愛ばっかりしてるね(ほかにすることないの?)」という揶揄の意味が込められている場合もあります。

恋愛体質それ自体は、いいも悪いもありません。ですが、恋愛体質でいることで様々なメリット・デメリットが発生する可能性はあります。

恋愛体質のメリットとは?

まずは恋愛体質のメリットをみていきましょう。

1 人の良いところに目がいく

恋愛体質の人というのは、「比較的ストライクゾーンが広い人」「好きな人を見つけやすい人」です。言い換えると、人の悪いところだけではなく、良いところを見ることができる人だとも言えます。ストライクゾーンが異様に狭く、どんな男性とデートをしてもダメだししてしまう、という女性は見習うべきところがありそうです。

2 彼氏が途切れない

恋愛体質の女性は、彼氏を途切れさせません。ひとつの関係が終わりかけの時期には、新しい出会いが始まっている、ということも珍しくないのです。世の中には、何年も彼氏がいない、生まれてから一度も彼氏ができたことがない、という女性もたくさんいます。そういった人たちからすると、常に愛してくれる人がいるという状態は、うらやましく見える場合もありそうです。

3 モテる

人間は、基本的に、もらった好意を返したいと思う性質を備えています。恋愛体質の女性は、基本的に男性という生き物が好きです。それゆえ、男性側からも好いてもらいやすいのです。

恋愛体質のデメリットとは?


次に恋愛体質のデメリットについても確認しておきましょう。

1 ひとつの関係が長続きしない可能性あり

恋愛体質の女性は、一目惚れしがちです。また、熱しやすく冷めやすい傾向もあります。恋人との関係にドキドキを求めがちなので、そのトキメキが薄れてきたら、次の関係を求めてしまうことも多く、長期間にわたってひとりの人との関係を深めることが難しい場合もあるのです。

2 彼氏に依存し、精神が不安定になることも

恋愛体質の女性の中には、彼氏に依存してしまう人もいます。彼からのLINEを心待ちにしたり、彼とのデートのために予定を開けて待っていたり、生活が彼中心になると、他人の言動に振り回され、精神が不安定になってしまう、というケースもあります。

3 恋愛に時間を奪われ、他の部分が空っぽになる可能性も

時間は有限です。恋愛に使っている時間は、勉強や仕事や趣味に使える時間でもあります。そのため、恋愛ばかりに溺れていることで、その他の分野での知識やスキルを積み上げていくことがおろそかになってしまう場合もあるのです。

さいごに。恋愛体質でOK!でもデメリットには要注意


今回は、恋愛体質のメリットとデメリットについて解説してきました。自分が恋愛体質だという自覚がある方は、「恋愛に溺れることで、その他の分野を犠牲にしていないか」「恋愛関係に依存してしまっていないか」を自問し、問題がある場合は、解決のために行動を変えていく必要があるでしょう。

今来今

編集者を経て現在フリーライター。 複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

新着記事