思わず胸キュン。男友達を「好きになりそう」と感じる瞬間

友達としか思っていなかった男友達のことを、急に異性として意識しちゃうことってありますよね。
今回は女子が、男友達にキュンときちゃう瞬間をご紹介します。

男友達を「好きになりそう」と感じる瞬間

1.好意を向けられた

これまで友達としか認識していなかった人から告白されて、そのときはびっくりしたけれど、いつのまにか意識するようになっていた、という経験はありませんか?
人は、自分のことを好きになってくれる人を好きになりがちです。男友達から好意を向けられることで、「今まで友達としか思っていなかったけど、もしかしてアリかもしれない」と異性として意識しはじめることも多いのです。
逆に、男友達から好意を向けられたことで、「友達だと思っていたのに、もう普通に話せない」という風に引いてしまう女性もいます。友達として接している異性に、好意を向けるという行為は、関係を発展させる可能性もあれば、関係を終わらせてしまう可能性もある、諸刃の剣だといえるでしょう。

2.普段見せない顔を見た

男女ともに、普段見せないギャップをみたときにドキッとしがちです。
たとえば、友達として馬鹿話ばかりしている男性が仕事で頑張っている姿を見た、など普段見せない姿を見たときに、見方が変わることはよくあります。
女友達に異性として認識して欲しいならば、そういったいい意味でのギャップを見せることが効果的です。

3.話をちゃんと聞いてくれた


真剣に話しを聞いて、相談に乗ってくれる人に、女性は好意を抱きがちです。
女性の話はとりとめがなく、ダラダラ続いて苦痛だと感じる男性も多い中、女性の話に真剣に耳を傾けてくれる男性はとても希少な存在なのです。
話を聞いてくれて、味方になってくれる男性は、「この人ともっと一緒にいたい」と思われる存在になります。
女性の話を聞くうえで大切なことは、結論を急がないことです。
たとえば、仕事が忙しくて辞めたい、という場合、「じゃあ、辞めれば」という回答を女性は望んでいません。
「なぜ、今の仕事が辛いのか」、「将来どうしていきたいのか」等、じっくり耳を傾けて、共感してあげましょう。
「この人は私の気持ちを分かってくれる」と思われたら、男友達から彼氏に昇格するのは時間の問題でしょう。


聞き上手は男女ともにモテる。これは間違いありません!
今回は、男友達のことを好きになっちゃいそう、と感じる瞬間についてご紹介しました。
「今はまだ友達だけど彼女になってほしい」という女友達がいる男性は、
まずはじっくりとその女友達の話に耳を傾けることからはじめてみてはいかがでしょうか。

今来今

編集者を経て現在フリーライター。 複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。