現実は悲惨?!婚活をサボった40代の未来は、本当に暗いのか?

「婚活をサボったら、40代で悲惨なことになる」

このような恐怖を感じている人は、まずはその思い込みを捨てるべきです。なぜなら、「婚活をサボったら、40代で悲惨なことになる」という思い込みは、百害あって一利なしですし、現実とも乖離(かいり)しているからです。
今回は、「婚活をサボったら、40代で悲惨なことになる」と思い込むことによる弊害と、その思い込みを捨て去る方法について解説していきます。

1 結婚のためには婚活すべきだと思い込み、逆に婚活がうまくいかなくなる

「婚活をサボったら、40代で悲惨なことになる」と考える人は、結婚のためには婚活をするべきだ、と考えているということです。婚活を絶対にしなければならない苦役のように考えており「辛くてもサボってはならない!」と考えている人が婚活をすると、どうなるでしょうか? その必死さは、必ずお相手にも伝わります。つまり、「婚活をサボったら、40代で悲惨なことになる」と考えれば考えるほど、相手から引かれる、選ばれにくくなる、という弊害があるのです。
まずは「婚活してないからといって、出会いがないとは限らない。頑張っていないときだって、出会いが訪れることもある。」という現実を認識しましょう。

2 結婚すれば幸せになれると勘違いしてしまい、結婚した後に虚しくなる


「婚活をサボったら、40代で悲惨なことになる。」と考えている人にとって、結婚し、家庭を設けることが幸せのマスト条件になってしまっています。ですが、実際には、結婚しなくても幸せを掴んでいる人はいますし、結婚していても不幸な人はいるのです。「婚活をサボったら、40代で悲惨なことになる」と考える人は、無意識に「結婚さえできれば幸せになれる」と思い、結婚をゴールだと考えがちです。
そうなってしまうと、結婚した後に「こんなはずじゃなかった」「結婚できたのに、なぜだか満たされない」と感じてしまうことになります。
このような事態を避けるためにも、まずは「結婚していないけれど幸せな人」に目を向けてみましょう。同時に、結婚をゴールにするのではなく、どのような結婚生活なら自分は幸せを感じられるのか、を考えてみましょう。

3 焦りから婚活をし、婚活疲れが訪れる

「婚活をサボったら、40代で悲惨なことになる」と考えて婚活をすると、「焦り」がでてきます。実際には、何歳でも結婚はできるわけですが、「30代のうちにどうにかしないと」と、がむしゃらになることで、自分のキャパオーバーな努力をしてしまい疲弊してしまうことにもなりがちです。
婚活疲れを生まないためにも「婚活はしなくてもいい」「結婚にタイムリミットはない」という現実を再認識しましょう。
「早く結婚しなくちゃ!」と、焦りから婚活を必死でしている人と、「気の合う人がいたらいいな」とリラックスして婚活を楽しんでいる人、どちらが魅力的に見えるかは、明らかでしょう。

さいごに。人生も婚活も楽しんだもの勝ち!

今回は、「婚活をサボったら、40代で悲惨なことになる」と思い込むことによる弊害と、思い込みを消すための考え方をご紹介しました。
焦りは禁物。人生も婚活も楽しんだもの勝ちです!

今来今

編集者を経て現在フリーライター。 複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

新着記事