復縁したい人が実行すべきこと5つ

復縁願望、ありますか?
幾ら次の恋を始めようと思っても難しい。
やっぱり「復縁したい」「よりを戻したい」という気持ちばかりが焦って前のめりになっていませんか?
別れた直後にしつこくしてしまっては、ますます相手の気持ちは離れていってしまいます。
でも、全く関わらないとドンドン距離が縮まりそうで怖い…。
そんな場合はどうすればいいのでしょうか?
今回は、復縁したい人が実行すべきことをご紹介していきます。

復縁したい人が実行すべきこと①:時間を置く

まず大切なのは、別れた(ふられた)直後に復縁を迫らないことです。
ふられたのは何か理由があるはずで、その何かが解決されなければ復縁をするには至らないでしょう。
端的に言うと、今のあなた(今のふたり)ではダメだからふられたのです。
ですから、まずは冷静になって闇雲に復縁を迫るのは控えましょう。
そして、できればしばらくの間、連絡をとるのをやめておきましょう。

復縁したい人が実行すべきこと②:自分を磨く

距離を置いている間、「彼(彼女)とどうにかしてよりを戻したい」という思いにとらわれすぎてしまうのは危険です。
元恋人のSNSをチェックし、思い出に浸って涙していても、元恋人からしたら怖いだけであり、そんなことをしているあなたは魅力的には見えません。
元恋人の気持ちを取り戻したいなら、元恋人が惚れ直すような自分にアップデートする必要があるのです。
外見と内面をどのように磨けば魅力のある自分になれるのかを研究し、行動しましょう。
よく、メールや電話をしつこくすることを復縁のための努力だと勘違いしている方がいますが、
それは努力ではなく、感情の垂れ流しにすぎません。
本当に復縁したいなら、正しい努力(自分の魅力をアップするなど)をすべきでしょう。

復縁したい人が実行すべきこと③:他の人とデートしてみる


元恋人にばかり気持ちが集中してしまっていると余裕がなくなります。
誘われたら他の人ともデートに出かけてみましょう。
他の人とデートすることで新しい男性への期待が高まるかもしれませんし、
元恋人の良かった点、悪かった点なども客観的に整理できるでしょう。

復縁したい人が実行すべきこと④:友達として連絡をとる

しばらく時間を置いたあと、友達として連絡をとってみましょう。
最初から復縁を迫るのではなく、友達として大切なポジションになることをまずは目指しましょう。

復縁したい人が実行すべきこと⑤:タイミングを見計らう・長期戦を覚悟する

友達として連絡を取ってみたら、相手にすでに新しい恋人ができていた、という場合もあるでしょう。
そういった場合でも焦りは禁物です。恋人とはいずれ別れる可能性もあります。
長期戦覚悟でチャンスをうかがいましょう。とはいっても、「早く別れればいいのに」と願うのは禁物です。
そもそも好きな相手が破局することを願うって、それは本当の愛情ではないのではないでしょうか。
「彼(彼女)が幸せになってくれればそれでいい」というくらいの深い愛情で相手を見守るレベルに達することができれば、
元恋人があなたの愛情の深さに気がつく可能性が高まるでしょう。


復縁の鍵は、自分がより魅力的になること、そして相手に対して無条件の愛情を注ぐことです。
本当に関係を修復したいなら、長期戦になることを覚悟して臨む必要があるでしょう。

今来今

編集者を経て現在フリーライター。 複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

新着記事