【オシャレ男になる着こなし術】普段着から脱却。メンズ・チノパンをキレイめに着こなす

(Photo by Hideyuki Tatebayashi All Rights Reserved. )

大人の男性のオフタイムは、リラックス感があっても、ちょっと格好よく見せたいものです。あなたも好んで履くチノパン。はきやすい身近なアイテムなのに、何となく垢抜けないのが悩み。トップスを何と合わせるか、いつも迷ってしまう。その結果、ワンパターンの繰り返し。休日には、すれ違う女性が振り返るチノパンの着こなしにしたいですね。

ファッションに自信のないあなたでも、大丈夫。 ニューヨークでファッション取材を積み重ねた筆者が、 ニューヨーカーの着こなしをお手本に、あなたをオシャレ男に仕上げます!

基本のおさらい。チノパンとは?

チノパンとは、チノ素材(ツイル地・綾織りのひとつ)でできたパンツのことを指します。
古くからチノ素材(チノクロス)は綿100%で作られるのが一般的でしたが、今日はコットンと人口素材のブレンドでできたものも多く見かけられます。

そもそも19世紀のヨーロッパで軍人の制服として開発されたものですが、フィリピンであった米西戦争から帰還したアメリカ軍人が着用していたチノパンが、アメリカ国内で人気になったのが一般市民にも広まったきっかけであると言われています。

「チノ」の語源は諸説あり、中国製であったため「中国の」という意味でチノと呼ばれるようになったという説と、米系スペイン語の「トーストされた」という意味が語源であるという説が一般的であるようです。軍隊で採用されたことに起源を発するチノパンは、シンプルで履き心地がよく、丈夫であるのが特徴です。

[参照] バナナリパブリックジャパン(アメリカ発カジュアルブランド)

ニューヨーカーのチノパン・スタイル

 
●王道のストレートは、キレイめカジュアルで

【オシャレ男になる着こなし術】普段着から脱却。メンズ・チノパンをキレイめに着こなす
(Photo by Hideyuki Tatebayashi All Rights Reserved. )

あなたも1本は持っているであろう、ストレートタイプのチノパン。チノパンの悩みは、一歩間違えると作業着のように見えてしまうこと。インに着るTシャツは良い品質のものを。ジャケットは襟を立てるなどして一工夫してみましょう。ジージャンとチノパンも、相性の良いベーシックな組み合わせです。


●チノパンでもお洒落に見える着こなし方

【オシャレ男になる着こなし術】普段着から脱却。メンズ・チノパンをキレイめに着こなす
(Photo by Hideyuki Tatebayashi All Rights Reserved. )

カジュアルになりがちなチノパンを、お洒落に着こなした好例。アディダスのキャップ+パーバリーのマフラーをプラスして、イマドキのファッションの完成。一流ブランドのものは、カジュアルにも馴染みます。大人の男性は、カジュアルでも、少なくとも1点は良質のものを取り入れましょう。10代や20代前半の若者でないなら、上から下まで安物にしないこと。


●スキニーに履きこなす

【オシャレ男になる着こなし術】普段着から脱却。メンズ・チノパンをキレイめに着こなす
(Photo by Hideyuki Tatebayashi All Rights Reserved. )

お尻が大きく、太ももの太い女性に比べ、実は男性のほうが美脚の持ち主が多いもの。脚の細さ、長さに内心自信を持っているあなたには、スキニーがお似合い。ビジネススーツで隠していた美脚、今こそ女性に見せてください(笑)。チノパンでもスキニーなら、ファッション性がアップし、オジさんっぽくなりません。

チノパンをはきこなすコツ

●ややスリムなものを選ぶ
最近の流行は、ややスリムなチノパン。すっきりして、スタイルがよく見えます。くるぶしが隠れる程度の細身なチノパンがオススメ。ただし、ピチピチサイズのチノパンは見苦しいもの。ややスリム、ストレートを選びましょう。ワイドなチノパンはかなり上背がない限り、脚が短く見えがちです。

●シルエットの綺麗なものを
恥ずかしがらず試着して、自分の体型にフィットするものを買いましょう。ブランドやメーカーによって、同じサイズでもデザインやカッティングが違います。あなたのボディラインが綺麗に見えるものを見つけること。試着せずに買うと、「脚が短く見える」、「脚が太く見える」、「着丈が長すぎた」などの不都合が出ます。試着して、動きやすい、シルエットの綺麗なものを選びましょう。

●ジャストウエストではく
30代以上のあなたは、腰パンはNG。下着が見えるようなはき方は、下品です。大人は上品な着こなしをしましょう。

●シワシワのチノパンをはかないこと
洗濯後にシワシワになったチノパンをはいているのは、恰好悪いです。チノパンはキリッと、清潔感を持ってはきたいもの。購入する際は、ノーアイロンのシワにならないもの、ストレッチ素材の入ったものなどを選ぶと良いでしょう。

●選ぶ色
チノパンの基本色はベージュ。痩せているあなたはやや明るめ(淡め)の色、大柄のあなたはやや暗め(濃いめ)の色が良いでしょう。大柄の人は淡い色を選ぶと、太って見えます。他にはカーキ色、グレイ、明るい茶色などもはきやすい色です。

●靴に手抜きなく
言うまでもなく、通勤用のビジネスシューズは厳禁です。ローファー、デッキシューズ、スニーカーなど、良いものをはきましょう。チノパンの色と靴を近い色にすると、脚長効果があります。

トップスは何を合わせる?

●デニムシャツ
着やすく、誰でも似合う組み合わせ。【オシャレ男になる着こなし術】オフタイムにさりげなく着たい、メンズ・デニムシャツも参考にしてくださいね。

●ジージャン
インディゴブルーxベージュは相性の良い組み合わせ。下に着るシャツやTシャツは、ジージャンより長めが今風です。

●シャツ(白、ブルー、ピンク、チェック、ストライプなど)
シャツは上質の良いものを。ヨレヨレしているとだらしなく見えますので、パキっと着こなしましょう。

●Tシャツ、カットソー
身体の線が見えるトップスなので、お腹が目立ちます。夏に向けて鍛えておくと良いでしょう。ペラペラした薄手の生地は選ばないこと。

●ジャケット 
ジャケットを合わせれば、デートにもぴったり。


上記のニューヨーカーの着こなしも参考にしてくださいね。作業着風のチノパン・スタイルは、今日から脱却。大人の男性の素敵な着こなしが、きっと出来ますよ。

青山 沙羅

NYC在住フリーランスのライター。人生のモットーは、『やられたら、やり返せ』。 あなたに贈りたい言葉は、「愛なくして、人生は輝かない 」。生まれて来た時も死ぬ時もひとり。生きている間は愛し愛されたいもの 。

新着記事