大人カップルは互いの呼び方をどうしてる?呼び方を変えるタイミングは? – 婚活あるある

大人カップルは互いの呼び方をどうしてる?呼び方を変えるタイミングは?

「大人のカップルはお互いの呼び方をどうしてるの?」
「彼の呼び方を変えるタイミングがなかなか掴めない……」
そう思っている20代後半以上の大人の女性も多いはず。

この記事では、カップルで呼び方を変えるタイミングや呼び方を変えるときの注意点などをご紹介します。

大人カップルのお互いの呼び方ってどうなの?


あなたも彼も20代後半以上の大人のカップルの場合、付き合ってからの呼び方に悩んだことはありませんか。かくいう私も、恋人への呼び方に悩んでいる一人です。今は、「○○さん」と呼び合う、少し古風な仲に……。

 

苗字・名前・ニックネームなど…様々ある呼び方の中で、どう呼べばいいのかつい迷ってしまうものですよね。

 

付き合いたてのカップルの場合は、付き合う前の呼び方から恋人らしい呼び方にチェンジするタイミングも意外と難しいものです。彼と付き合っている期間や彼の年齢、また状況によっても呼び方を考慮する必要があるなど、悩みの種は尽きません。

 

そうした悩みを解消するため、大人の女性が彼の呼び方について考え直す方法をご紹介します。

 

呼び方をどう決めるのか、呼び方を変えるタイミングを掴んで、よりお互いの仲を深めましょう!

大人カップルが呼び方を変えるタイミングはいつ?

「付き合う前からずっと同じ呼び名を使っているけれど、私だけしか使わない特別な呼び方にしたい!」
そう考えているオトナ女子は多いはず。

 

とはいえ、いきなり呼び方を変えるのも照れくさいし意外と勇気が必要なものですよね。

 

そこで、ここでは、呼び方を変えても不自然にならないようなタイミングをご紹介します。

イベントのタイミングあったとき

一番自然なタイミングは、誕生日やクリスマス、バレンタインなどのイベントごとがあるときです。

 

付き合いたてのカップルの場合は、付き合う前の呼び方から恋人らしい呼び方にチェンジするタイミングも意外と難しいものです。イベントの非日常的な特別感によって、呼び方を変えることも普段より照れくさかったり恥ずかしい感情が少なくなります。

 

ならば非日常的なイベントを行うクリスマスを活用しない手はありません!

 

誕生日は自然に呼び方を変えるタイミングとしてぴったり。イベントの特別な空気感に便乗して、思い切って彼の呼び方を変えましょう。

ケンカのあと

ケンカをしたあとに仲直りするときも、思い切って呼び方を変えやすいタイミングのひとつです。

 

ケンカの後というのは、お互いに「相手に謝らないと」という気持ちがあるので、少しのわがままやお願いは聞いてもらいやすいタイミングです。

 

そのため、彼の呼び方を思い切って変えたい場合はケンカのあとを利用するのもひとつの方法です。呼び方を変えてもっと仲を深めたいという要望は、険悪なムードのあとの仲直りの手段としても最適なのです。

 

また、ケンカのあとというのは、先ほども説明した通り非日常的な時間のひとつでもあります。普段の生活の中でいきなり切り出すよりも恥ずかしい思いや抵抗感少なく呼び方を変えたいということを伝えられますよ。

直接話すのが照れくさいなら、電話やLINEも活用しよう

イベントごとやケンカのあとなど、非日常的な時間を過ごせるタイミングでも呼び方を変えられない場合は、対面の必要がない電話やLINEを使うのもおすすめです。

 

ただ電話やLINEの場合は、呼び方を変えることに話の流れをもっていくのが難しいことも。イベントやケンカのあとのように、自然な流れや雰囲気を味方につけづらいので、直接呼び方を変えることを切り出すのとは違った緊張感が必要かもしれません。

 

大人カップルが呼び方を決めるときの注意点

呼び方を変えるタイミングが分かったとしても、いざ肝心の呼び方をどうするのか迷っている方もいるでしょう。

 

彼のことをどう呼ぶかは、彼の年齢や付き合っている期間によっても変わってきます。

 

こちらでは、彼の呼び方を決める際のポイントを年上彼氏と同い年・年下彼氏の2パターンに分けてご紹介します。

年上彼氏の呼び方を決めるとき

あなたよりも年齢が年上の彼氏の場合は、相手に敬意を払いつつもお互いが対等である呼び方を選びましょう。

 

例えば、下の名前に「さん」付けなら年上の彼の威厳を保ちつつ特別感も表せます。2人だけの特別感がほしいなら、他の人からは呼ばれないような「あだ名」をつけるものおすすめです。周りの目を気にする可能性があるので、場所やタイミングには配慮しましょう。

 

対等な関係を大切にしたい場合は下の名前を呼び捨てでももちろんOKです。ただ彼の性格によっては、年下の彼女から呼び捨てにされることを気にする場合もあるので、2人きりのときだけにするなど配慮を忘れずに。

 

同い年・年下彼氏の呼び方を決めるとき

彼が同い年か年下彼氏の場合は、年上彼氏の場合よりも比較的自由に呼び名を決めやすいです。

 

年下彼氏の場合、下の名前に「さん」付けを嫌がることもあります。そんなときは「くん」付けがおすすめ。付き合ってすぐなどまだお互いの距離感を掴み切れていないときにも使いやすい呼び方ですよ。

 

2人の関係が進んでリラックス感が出てきたら、お互い呼び捨てやあだ名を使うといいでしょう。ただあまりに砕けたカジュアルな呼び方だと、周りの友達やお互いの親に聞かれると恥ずかしいと彼が感じてしまうことも。状況によって使い分けるのがおすすめです。

 

大人カップルが呼び名を使うときの気を付けるポイント

いざ彼の呼び方が決まったとしても、その呼び名を使うときに気をつけるべきポイントがいくつかあります。

 

彼と良好な関係を築き続けられるよう、気を付けるべきポイントを守ってお互い納得した呼び名を使うようにしましょう。

呼ぶときのTPOをわきまえよう

普段は2人だけの呼び名で呼び合っていたとしても、状況によっては、彼がその呼び方では「恥ずかしい」「威厳が保てない」と思う瞬間が出てきます。場所や状況をわきまえて呼び名を変えるようにしましょう。

 

例えば彼の上司や同僚、両親の前など…呼び方に気を付けておくべきポイントはたくさんあります。そうした瞬間にあなたが普段の2人の関係性を持ち込んで、いつもの呼び方を使うのはとても危険です。

 

彼が職場や友達、家族の前でしっかり威厳を保つことができるよう、時間・場所・状況はしっかり把握しておき、2人の呼び名を使っていいのかどうかを判断できる大人な対応を忘れないようにしてください。

メールやLINEなど文字に残るものは注意

メールやLINEなどは、2人で会っているときとは違って文字に残ります。

 

人によっては気にしない場合も多いですが、例えば会社の上司と付き合っていることを周囲の同僚に隠している場合は注意が必要です。

 

会社では使わないような呼び方であなたが彼にLINEを送っていて、その画面が偶然別の同僚などにちらりと見えて交際がバレてしまうという可能性もなきにしもあらずだからです。

 

呼び方を変えてお互いの信頼を高めよう

呼び名というのは、カップルにおいてお互いの信頼関係を深める大切な要素です。

 

付き合い始めは、付き合う前の呼び方を使っていても、時間が経つごとに呼び方を変えたいと思うのは自然なこと。

 

そんなときに「呼び方をいきなり変えるのは恥ずかしいな」と思ったら、ぜひこの記事を参考にして、新しい呼び方を彼に提案してみてください。

今回の記事を読んで「私も恋人のことを大切な呼び名で呼びたい!」「素敵な恋愛がしたい!」と思った方は、婚活サイトから始めるのもおすすめです!
少しでも興味を持った方はコーディネーターに相談してみてくださいね。
あなたの婚活をきっと成功に導いてくれるでしょう。

SNSでシェアする