• PA体験ラウンジ
  • 来店予約
  • 資料請求

PAX MEMBERS

コースと費用

PAX MEMBERSは、婚活支援サービスで急成長しているパートナーエージェントから生まれたGenerationX 世代に向けた新しいサービスです。
登録料 30,000円
(税込価格 32,400円)
月会費 14,000円
(税込価格 15,120円)
初期費用 95,000円
(税込価格 102,600円)
成婚料 50,000円
(税込価格 54,000円)

専任コンシェルジュがコーチングインタビューを通して、あなたの潜在層にある想いや価値観をひきだし、理想の将来像を明確にします。 その結果をもとに、お相手のご紹介を行い、交際中のサポートとともにご成婚へと導きます。

入会案内

関東地域に
お住まいの方
男性:55歳以上〜64歳以下。
女性:45歳以上〜54歳以下。
関西地域に
お住まいの方
男性:55歳以上〜59歳以下。
女性:41歳以上〜49歳以下。
東海地域に
お住まいの方
男性:50歳以上〜59歳以下。
女性:40歳以上〜49歳以下。
仕事・収入 男性においては、定職に就いていて一定以上の収入がある方
個人事業主・フリーランスでの就業もしくは業務受託契約を結んでいる方など
※定職についている方は、前年度の収入を証明する資料、もしくは3ヶ月以内の給与明細の提出が必要です。
※個人事業主・フリーランスでの就業もしくは業務受託契約を結んでいる方は、納税証明書、受託契約書類等の提出が必要です。
※但し、ご紹介人数やその他条件が当社規定に達しない場合、ご入会をお断りする場合がございます。
学歴 高校卒業以上の方
婚歴 法律上の独身者または、婚約者ならびに同棲関係を含む事実上の婚姻関係のない方
入会に
必要な書類
・独身証明書 1通 (市区町村が発行するもの)
・収入証明書 1通 (源泉徴収票または給与明細書など)
・写真 1枚
・卒業証書 1通
中高年・熟年の婚活とは

アラフォー(40代)、50代、60代の婚活と聞くと、どのようなイメージがあるでしょうか?
昔はアラフォー・40代以上といった中高年・熟年になると結婚は難しい部分があったかもしれません。特に女性はアラフォーになると妊娠・出産の壁がありました。しかし今は晩婚化が進んでおり、50代になるまでに一度も結婚をしたことがない生涯未婚率も上昇しています。40代や50代での中高年・熟年婚活も珍しくなくなってきました。生活設計に関する考え方も多様化し、「結婚したい時が結婚適齢期」と言えそうです。

とはいえ中高年・熟年の婚活は、若い世代に比べて難しい場合もあるでしょう。同年代の相手と知り合う機会がない、バツイチや再婚などでなかなかアクションを起こせない、などの場合は、ぜひ結婚相談所のご活用をおすすめします。中高年・熟年で慎重になるからこそ、信用できるお相手と出会える結婚相談所でお見合いなどの婚活をしてみてはいかがでしょうか。

結婚相談所パートナーエージェントでは、専任コンシェルジュがあなたを深く理解した上でご紹介やお見合いを行います。また会員データベースの中からアラフォー(40代)、50代、60代のお相手を検索することができます。アラフォーからでも安心な婚活ができる、手厚いサポートがあるのも結婚相談所ならではです。

まずは出会いから。
さまざまな人生経験を積んだアラフォーからの中高年・熟年の今こそ、理想と思えるお相手と出会えるよう、お見合いなどの真剣かつ積極的な婚活を行うのが重要ではないでしょうか。

お見合いから始まる結婚相談所での婚活を通して、中高年・熟年のこれからの長い人生をより充実して過ごせるよう、第一歩を踏み出してみませんか。

プロフィール

雪絵さん(仮名)

もう一度自分自身の人生を歩みたい。子育て後の新しいパートナーを求めて…。

続きを読む +

もう一度自分自身の人生を歩みたい。子育て後の新しいパートナーを求めて…。

46歳 東京都在住。趣味は、食べ歩き、旅行、神社・仏閣めぐり、美術館・博物館鑑賞、料理。離婚歴あり。子どもが高校生になって手が離れたことで、もう一度自分自身の人生をパートナーと歩んでいきたいと考えるようになり、入会を決める。紹介数17名。コンタクト率47.06%。入会から4ヶ月で成婚退会へ。

閉じる -

誠二さん(仮名)

真面目で堅実。50代になり、やはり子どもを育てたいという想いが強くなり…。

続きを読む +

真面目で堅実。50代になり、やはり子どもを育てたいという想いが強くなり…。

53歳 神奈川県在住 趣味は、旅行、神社・仏閣めぐり、演劇鑑賞。高校卒業後、長年、大手企業にITエンジニアとして勤務し、真面目で堅実。子どもを育てたいという想いから婚活を決意し、お子様のいる女性を希望していた。紹介数95名。コンタクト率27.37%。入会から1年2ヶ月で成婚退会へ。

閉じる -

ストーリー

「雲外蒼天」

申し分ない男性に感じたただ1点の不安。その不安を払拭し、前に進む力を与えたコンシェルジュの言葉とは。

人生の後半をともに歩むパートナーを求めて
雪絵は、公務員として忙しく働くシングルマザー。離婚後、仕事に子育てに全力で向き合い、一人娘を高校生まで育て上げた。子育てが一段落し、ふとこれからの自分の人生を考えたとき、一緒に歩んでいけるパートナーが欲しいと思うようになったという。
「前の結婚で、『この人しかいない』と思って結婚したのに、すれ違ってしまう結果になったので、本当に自分に合っているのがどんな人なのか分からなくて…。第三者の意見が聞きたいんです」
そう話す雪絵は、実際、自分の尺度で選択肢を狭めず、コンシェルジュの桑宮の勧めを素直に受け入れようとする女性だった。子どもを大切に想ってくれること、そして仕事柄、首都圏から転居はできないこと以外に強いこだわりはなく、一緒に穏やかに過ごせる人を見つけようとする姿勢に、雪絵なら必ず良いお相手に巡り合えると桑宮は思った。
紹介されたのは、自分では選ばなかっただろう人
仕事に誇りを持ち、ずっと熱意を注いできた雪絵。少し理詰めで考えすぎてしまうところがあるが、真面目で自分の意見を持った芯のある女性だ。桑宮が、そんな雪絵に合うと考えたのは、専門職で一分野を究めているような人。一途で、かつ雪絵の意見や、一人娘の存在をしっかり受けとめてくれるような包容力のある人。誠二は、まさに理想的な男性だった。
子どもが好きで、子どものいる女性を希望。お相手の希望に合わせて、女性側のご両親との同居もOKというくらい柔軟性がある。ITエンジニアとして大手企業に長く勤め、様々な部署間の調整役をしていることからも、様々な意見を受けとめられるのではないかと思えた。プロフィールだけで考えたら、雪絵自身では選ばなかった男性だったかも知れないが、桑宮を信じて、雪絵は誠二に会ってみることにした。
包み込むようなやさしさ
誠二と会った後、桑宮に報告の電話をする雪絵の声は毎回弾んでいた。 「誠二さんは、本当にやさしくて、誠実で、一緒にいると穏やかな気持ちになれます。本当に包容力があって、私の意見もしっかり聞いてくれるんです」 初対面の日に感じた、なんとなく居心地のいい相手だという感覚は、食事に行ったり、美術館に行ったり、デートを重ねるたびに、これから先もずっと違和感なく一緒にいられる相手だという確信に変わっていった。
1点の不安に揺れる心
しかし、雪絵にはひとつだけ不安があった。誠二が雪絵の娘を大切に思い、可愛がってくれることは間違いないが、「もっと小さな子どもも育てたい」という願いを持っていることを聞いたのだ。出産を望むのは難しい年齢の雪絵にとって、どう応えたらいいのか分からない願いだった。
「桑宮さん、やはり、誠二さんにはもっと小さな子どものいる女性の方がいいのでしょうか…。私では誠二さんに合わないのかもしれないです」
苦しい胸の内を明かした雪絵に、桑宮は言った。
「その1点の違いだけで、交際をやめてはもったいないですよ。どんなに相性の良いお相手でも、はじめから全てが一致するということはなかなかありません。一つひとつの相違は、ちゃんと話してお互いに歩み寄っていけばいいんです。誠二さんはそれができる人じゃないですか?」
桑宮の言葉に、不安げだった雪絵の顔はパッと明るくなり、じっくり誠二と話し合い、誠二と雪絵、そして雪絵の娘にとっても、一番良い道を探すと誓った。
退会記念日。今日もこれからも幸せ
初めて会ってから約2ヶ月で、二人は成婚退会を決めた。その1年後、桑宮のもとに雪絵からの嬉しいメールが届いた。
「誠二さんに成婚退会を申し込まれてから1年が経ちました。退会1周年の記念日には、あの日にデートした場所を2人で巡って、この1年を一緒に振り返りました。誠二さんは、やさしさも誠実さも出会った頃とまったく変わらず、いつも包み込むような温かさで微笑んでくれています。私だけでは見つけられなかった出会い、私一人では途中で手放してしまっていたかもしれない出会いをつないでくださった桑宮さん、本当にありがとうございました。これからも、誠二さんと支え合って歩んでいきます」
メールを読んだ桑宮は、退会の日、まるで長年連れ添ってきた夫婦のような自然な空気感に包まれていた2人の姿を思い出していた。あの2人なら、何があってもお互いを認め合い、支え合って歩んでいけると心から思えた。
成婚につながる活動術担当コンシェルジュからのアドバイス

お相手との違いに悩んだら、一人で抱え込まずにぜひ相談してください。

40代以上になると、若いときと比べて生活スタイルや考え方が自分流に完成しているため、お相手との違いに戸惑うことも多いと思います。けれども、そこで自分とは合わないと決めつけてしまっては、出会いの幅は広がりません。まずは、いろいろな方と会ってみること、プロフィールやお写真ではわからない、お人柄の部分に少しずつ触れていく事が大切。ご成婚される方は、条件だけにとらわれず、これからの人生をより充実させ穏やかに生活できるお相手様探しをしている方が多く、フィーリングや価値観のズレがない人、もしくはお互いに歩み寄れるような方を選んでいらっしゃるように思います。
ご自分とお相手の違いに悩んだとき、「やはり自分とは合わない」という結論にならないためにも、一人で抱え込まず、ぜひ私たちコンシェルジュに相談してください。今回のストーリーの雪絵さんもそうでしたが、人に話すことで、相違点を埋めたり、歩み寄ったり、気にならなくなるような気づきをきっと得られますよ。

コンシェルジュ

桑宮 Kuwamiya

データ上の条件には表れない「意向」を掴むこまやかなインタビューで多くの成婚をサポートしている。

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが
責任をもってサポートします。

まずは、無料相談でお会いしましょう。

  • 来店予約
  • 資料請求

TOP