涙のご成婚。

お二人の後姿を見送った後 私は涙をこらえることができませんでした。
それは、無事成婚を迎えられたことに加え、今日まで支えてくれた仲間に対する感謝でいっぱいになってしまったから。成婚はひとりで出すものじゃない、支え助けるという形での関わり方もあるのだと教えていただいたように思います。

女性会員様はいたずら好きな子猫のように可愛く、資格取得に婚活にと、頑張り屋さんだけど涙もろい女性。
男性会員様は入会時に「男性のコンシェルジュをお願いしたい」と仰るほど女性に対して苦手意識のある自信なさげな男性。コンタクトでお話しできるかしらと心配になるほど。

ところがお二人はコンタクト当日から意気投合。交際開始から約1か月で真剣交際、喜んだのもつかの間、数日後に男性会員様がお一人でご来店、「経済観念が合わない、交際を中止するつもりで来た」と打ちひしがれたご様子。

お話を聴くうちに男性会員様もポロポロと。2時間ほど涙が止まらないご様子。
女性会員様は決してそんなおつもりはなかったものの、弾むお気持ちが高じての振る舞いが、どうやら男性会員様にはご自分がないがしろにされているような感じを与えてしまったようでした。

流れる涙は失う人への想いがあるから。お二人のお心にある誤解、お二人が見据える未来は同じだという事をお伝えし一度お二人でちゃんと話し合って!とすぐに間を取り持ちお話の場を持っていただきました。
危機を乗り越えお二人はたっぷり時間をかけ、やっとやっとのご成婚となりました。

お二人の軌跡はまるでジェットコースター並み、頻繁に訪れ涙される女性会員様のお話をうかがう度に、私はオフィスに駆け込み助言を求めてきたように思います。
だからこそ迎えられた成婚、一緒に喜んでくれる姿に言葉でなく涙で返すのが精いっぱいでした。

やっとこの日を迎えられたお二人 どうかお幸せに。
そして支えてくれたコンシェルジュの方々にあの時言えなかった感謝を。ありがとうございました。

まずは、無料相談でお会いしましょう。
  • 来店予約
  • 資料請求

TOP