恋愛ラブストーリーのような展開。

昨年12月末に開催されました「帰省イベント」で成婚カップルが誕生しました。�
イベントから2ヵ月のスピード成婚です。

イベントでの、お互いの印象は「なんとなくもう一度会ってみようかな…」で交際成立。
帰省期間中に会うメールのやり取りの中で、出身が違い地元を知らない男性会員様に「お酒のみますか?好きな食べ物は?」と、女性会員様が進んでお店をチョイスしてくださいました。
その気遣いに男性会員様が「そんなこと今までしてもらったことがない 」と女性会員様へ惹かれたそう。
お酒を飲みながら話も盛り上がり男性会員様より猛烈アピール。
帰省が終わり離れ離れになった男性は、担当コンシェルジュへ早速紹介ストップのお申し出。 「男性会員様はすでに一人で真剣交際よ!」と女性会員様の担当コンシェルジュへ連絡がありました。

「えっ!!!」

女性会員様はイベントで1回、年明けに1回会っただけの、男性会員様から真剣交際のお申し出に戸惑いました。
年齢も6歳下、交際、結婚を考えると、生まれ育った地元を離れないといけないこともあり、もう少し考えたいと、男性会員様へ伝えたそうです。

男性会員様は担当のコンシェルジュに「年齢差、遠距離については僕が頑張ります!」と仰っていたそうです。
距離が離れてからも、毎日メール、夜には必ず電話。
1月中旬に、女性会員様が男性会員様の所属店舗へ来て下さり、真剣交際OKを伝えられました。

その次の週、女性の担当コンシェルジュあてに「ご無沙汰しています、今日福岡に来てるのでお時間いただけますか」と男性会員様より電話をいただきました。

男性会員様は、イベント前日にわざわざコンシェルジュに挨拶をしに来てくださいました。
1ヶ月ぶりの再会に、女性会員様との話で盛り上がり、「実は来週福岡へ来る予定だったのですが、昨日電話で彼女と話していて、なんとなく不安そうな感じだったんで、急遽夜行バスに乗って13時間かけて来たんです」と。

20年以上前の恋愛ラブストーリーのような展開に感動いたしました。
「なので、来週もこちらに来る予定なんです」と月末まで、女性会員様とのスケジュールがビッシリ入っているそうです。

その後、女性会員様へお気持ちを伺ったところ「毎日、メールと電話をしてるので、遠距離を全く感じない」と「今のところお互い気になることも何もないねって話しているんです」
「こんなに自然体で入れる人、今までいたかな?って考えるといなかった」

両コンシェルジュがおススメする男性ということも、女性会員様は安心されていました。

お互い、遠距離を行ったり来たりで交通費もかかるので、「もうパートナーエージェントを卒業しては?」「そうですね!卒業します!」ととても幸せそうでした。

今後もお二人のような、素敵なご縁を取り持てるようスタッフ一同頑張っていきたいと思います。

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが
責任をもってサポートします。

まずは、無料相談でお会いしましょう。

  • 来店予約
  • 資料請求

TOP