懐の広い愛情と、コンシェルジュの優しい見守りとフォロー。

女性会員様は、お気持ちがなかなか落ち着かない方。
ご交際成立して順調にお付き合いされても、ご不安な気持ちを担当コンシェルジュとお話されていました。

その内容としては、「男性会員様と一日中一緒にいると、辛くなってくる」 というもの。
ですが、ご飯を作ってあげたりすることが楽しく、家でも一緒にお過ごしになられており、更に、お相手のことは嫌いになれない、好きだと思う、という不可思議なものだったため、それはもしかして緊張されていらっしゃるからではないか?と思い、担当コンシェルジュがフォローをしつつ、ここは時間をもって、ご自身で考えてもらうことが必要と判断した担当コンシェルジュは、一旦アドバイスを止め、好きにされてみてはどうかとお話しました。

そうするうちに、ご本人はご自身の気持ちの置き場に悩まれ、ある時、お相手様に別れ話をされました。
すると、男性会員様からは、「別れないでくれ」とのお言葉。
それでも不安なお気持ちをお持ちだった女性会員様は、他の出会いを摸索すると決め、出会い続けました。
そして、更にそれを男性会員様に伝えても、男性会員様からは「それでもいい。待っている」とのご回答だったそう。

そんなにも自分を思ってくれている、ということに感銘された女性会員様。
「状況は変わってないけれど、けじめをつけたいと思ったんです」とのことで、ご成婚退会のご連絡が入りました。

一緒にいて疲れてしまう理由は、今でもわからず解消できていない…それでも、お相手の温かい、強いお気持ちのために、今一歩進んでみようと思われたご様子。

毎週のご相談に根気強くフォローし、見守る中でも常に気にかけ、お相手コンシェルジュと連携を取り、寄り添い続けた担当コンシェルジュの心が形となった気がします。

お相手に飛び込んでみようと判断された女性会員様の気持ちを支えたのは、男性会員様の懐の広い愛情と、それぞれのコンシェルジュの優しい見守りとフォローだったのでしょう。

ご本人にとって納得の行く形にできたことは双方コンシェルジュの存在の賜物と思います。
コンシェルジュ同士の連携は大事ですね!

まずは、無料相談でお会いしましょう。
  • 来店予約
  • 資料請求

TOP