数字で見る現代の結婚活動最前線

今、「結婚」の現場で何が起きているか。

イメージ婚活」という言葉が一躍有名になったのは、社会学者の山田昌弘さんとジャーナリストの白河桃子さんによって書かれた『「婚活」時代』という本の大ヒットによってです。

けれど、多くの人が「婚活」という言葉に興味を抱いたのは、「結婚したくてもできない」という空気が、ぼんやりと社会に蔓延していたからではないかと思います。

ひとつには、結婚を取り巻く時代状況の変化があります。

婚活が生まれた時代的な背景

1960年代半ばには、恋愛結婚の数が見合い結婚の数を上まわります。
家と家の間で、親たちが決めた相手ではなく、自由に好きな人と結婚できるようになったかわりに、適齢期になれば、あたり前のように用意されていた、見合いという出会いの場も減少していきました。

「婚活が生まれた時代的な背景」はこちら

希望の男性に婚活女性が集中する理由

結婚適齢期になると周囲から手がさしのべられ、自然と結婚することができた時代は終わり、いまや、目的や意志がないと結婚に踏み切れない時代になったのです。

「希望の男性に婚活女性が集中する理由」はこちら

婚活しても「結婚できない」原因とは

晩婚化、未婚化は進んでいますが、独身の男女が結婚したくないかといえば、そうではありません。

「婚活しても『結婚できない』原因とは」はこちら

まずは、無料相談でお会いしましょう。
  • 来店予約
  • 資料請求

TOP