希望の男性に婚活女性が集中する理由

なぜ、「婚活」が叫ばれるようになったのでしょう。

イメージ つまり、結婚適齢期になると周囲から手がさしのべられ、自然と結婚することができた時代は終わり、いまや、目的や意志がないと結婚に踏み切れない時代になったのです。
その結果、初婚年齢が上がるとともに、じりじりと未婚化、晩婚化が進みました。グラフにあるように、30年前と比べると、未婚化は20~30%増加しています。
また、2010年の生涯未婚率(50歳の時点で独身である人の割合)を見ると、男性が20%、女性が10・6%にものぼり、厚生労働省のデータでは、2030年には、男性の生涯未婚率は30%になるだろうと予測されているほどです。

希望どおりの男性がいない?

それでは、今の日本に、独身の男女はどれくらいいるのでしょう。

平成22年の国勢調査によれば、20~49歳の独身者数は約2千万人と、その前の調査よりも100万人くらいふえています。
その内訳をみると、男性が約1149万人、女性が約850万人と、人口上は男性が300万人くらい多いので、全員が結婚するとなると、男性が300万人あまるという計算になります。

それでは、女性は安泰かというと、そうではありません。なぜなら、多くの女性たちの希望が、数少ないひと握りの男性に集中しているからです。 わかりやすいのが、年収です。女性が男性に求める年収は、600万円くらいが相場だといわれています。

ところが、平成9年以降、日本人の平均所得は下がりつづけていて、全年齢の平均は500万円。
20~40代だと460万円になります。
これだけみても、いかに希望と現実の間に、絶望的な違いがあるかわかるでしょう。

これを年収別にみると、年収600万円以上の男性は25・6%います。一応いないわけではないのです。
その一方で、年収300万円以下の男性が約45%もいます。
そして、この年収300万円以下の男性の割合は、平成14年には34・9%だったのが、毎年増加の一途をたどっています。

さらに、20~49歳の独身男性のなかには、非正規雇用で収入の安定しない人が200万人くらいいます。失業者も入れると、収入がないか、あっても安定していないという人が、約300万人にものぼります。
彼らにとっては、まずは暮らしを立て直すのがせいいっぱいで、結婚どころの騒ぎではないでしょう。

こうした傾向は上向くのかというと、残念ながらあまり光は見えません。 会社の数をみると、約20年前から減少しつづけています。しかも、2006年から2009年の間に開業した会社は6万社を割っているのに対して、廃業した会社は約20万社にものぼります。

会社の数が減っているわけですから、求人の総数も減りつづけます。そのうえ、存続している会社の雇用者数も減っています。そんな状況のなかで、女性の就業率は上がっていますから、熾烈な職の奪いあいが起こっているのです。
時代や考え方の変化に加え、不況の波に襲われ、結婚の現場は大荒れの状態だということがわかるでしょう。

まずは、無料相談でお会いしましょう。
  • 来店予約
  • 資料請求

TOP