結婚をきっかけに人生・将来を考える

結婚をきっかけに自分の人生を考える。

イメージ 大げさなようですが、私は、結婚を考えることは、人生を考えることだと思っています。

人生には、生まれて、結婚して、死ぬという三大イベントがあります。そのなかで、唯一、自分で選択できるのは結婚だけです。
ですから、ほんとうに結婚したいのか、したくないのか、結婚を自分の人生においてどのように活かしていけるか、自分自身で考えて、決断すべきだと思います。

これまで書いてきたように、結婚の現場には突風が吹いています。
しかも、今は結婚したからといって、経済的にも精神的にも幸せになれるとはかぎりません。そんな時代にあっては、自分なりの目的や意志がないと、幸せな結婚を手に入れることはできません。 

「親が心配しているから」、「同年齢の友だちも、結婚しはじめたから」、「そろそろ考えないと、年をとってからでは妊娠、出産もたいへんそうだから」というように、そろそろそんな時期だから結婚しなくては……というような意識では、なかなかいい相手にはめぐり会えないでしょう。

自分の人生のなかで、結婚とは何なのか。どんな意味をもつのか。どんな結婚をしようとしているのか……。主体的な目をもつことがたいせつ。
他人事ではなく、自分の問題なんだと、本気で意識するだけで、結婚に向かう姿勢が変わってきます。

言葉を換えれば、自分の人生の問題なんだときちんと意識してはじめて、「婚活」がスタートするといってもいいでしょう。

送りたい結婚生活をイメージしよう

たとえば、こんな人がいました。
「先日お会いした○○さんですが、よくよく考えたのですが、おつきあいはお断りしようと思います。

「送りたい結婚生活をイメージしよう」はこちら

お相手の考え方や価値観を大切にしよう

「自分より5歳以上は年下の女性がいい」
「ぜったいに身長は170センチ以上がいい」
「年収は700万円以上じゃないといや」
結婚相手の条件として、徹底的に数字こだわる人がいます。まさに、こういう人こそ結婚を遠ざけてしまう人の典型です。

「お相手の考え方や価値観を大切にしよう」はこちら

まずは、無料相談でお会いしましょう。
  • 来店予約
  • 資料請求

TOP