セルフコーチングノート記入例:お相手

相手について。

イメージ ▼理想の相手像
▼ぜったいNG条件


(回答例1 30代男性)
「自分の家とつりあう人がいい」

◆具体的には、どんな人がつりあうと思う?
「とくにどんな家の生まれというわけではないが、父が大手企業の重役なので、それに合うような家の人」

◆家のつりあいというのを考えるようになったきっかけは?
結婚してからも家族ぐるみでつきあいたいので、つりあう人じゃないと、親が喜ばない気がする」

◆家族ぐるみで、どんなつきあいをしたい?
「家族でときどき実家に遊びに行って、食事をするなど」

◆そんなふうに両親とつきあえるのは、どんな女性だと思う?
「明るくて気さくな人がいい」

◆そんな女性と出会っても、まずは家のつりあいがたいせつ?
「家というより、両親とうまくやってくれる人がいいのかもしれない。親を敬う心をもっている人、そういう家で育った人というか」

(回答例2 30代女性)
「髪の毛の薄い人だけはいや」

◆なぜそう思う?
「貧相な感じがするし、友人に紹介するのも今ひとつだし……」

◆どんな人なら、友人に胸を張って紹介できる?
「颯爽と女性をリードしてくれるような人かな」

◆たとえばどんなときに?
「食事に行ったり、ふたりで出かけるときとか。頼りがいがあって、ぐいぐい引っ張ってくれるような……」

◆髪が薄くても、まさにそういう人がいて、紹介してあげるといわれても会わない?
「それなら会ってみようとは思う。外見がどうとかいっても、雰囲気までわからないだろうから。
べつに外見にこだわっているわけじゃないんだけど、なんで髪の毛にこだわるかというと、中学の先生で髪が薄くて、ひねくれた感じの人がいたから。ついその人のイメージが浮かんでしまうからかもしれない」

まずは、無料相談でお会いしましょう。
  • 来店予約
  • 資料請求

TOP