お見合い・デートの支払いはスマートに

支払いは男性が? それとも、割り勘でいく?

イメージ 単刀直入に言いますが、食事代は男性が払ったほうが、女性には好感をもたれます。
多くの女性たちが「交際を決意できない」という理由の上位を占めるのが、「どこに行っても割り勘だから」という答えです。

女性からすると、お金を出すのがいやなわけではないけれど、結婚しようと思って真剣につきあおうというのに、自分が大切にされていないような気がしてしまうというのです。

「一方的に男がごちそうするのは失礼なんじゃないか」
「パートナーなんだから、割り勘でいいんじゃないか」
「相手も払うと言っているので、断るのも悪い気がする」

男性にしたら、ごちそうするのがいやだというわけではなく、さまざまな気使いでどうしたものかと考えた末の結果で、女性からお金を受け取っている場合もあるでしょう。

けれど、初期のデートでは、お金を払うということも、店を予約するのと同様に、コーディネートのひとつと考えてください。
ですから、レジで女性を待たせるなんて支払い方ではなく、帰りぎわ、先にトイレに立ち、さりげなく支払いをすませてから席に戻り、店を出るようにしましょう。
その心づかいやカッコよさに、女性はグッとくるのです。

最近は給料も下がっているし、費用がたいへんだという人もいるでしょう。
けれど、高いお店に行く必要はないのです。デート費用が5000円であれば、一人5000円の店で割り勘にするより、ふたりで5000円の店を探せばいいのです。

女性も、おごられて当然という態度は避けましょう。
相手のふところぐあいを見ながら、ときどきデートのときにプレゼントをしたり、さりげなく映画のチケットなどを用意するなどの心づかいくらいは欲しいものです。

「僕がごちそうします」、「いいえ、私も出します」という会話を3回くり返しても、女性が支払いたいというときは、男性におごられるのがいやな場合か、この先ずっとつきあうかどうか決めかねていて、借りをつくりたくないかのどちらか。

そういう場合は、「男性が支払うのが嫌いですか?」とハッキリ聞いてしまうのもひとつの手です。

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが
責任をもってサポートします。

まずは、無料相談でお会いしましょう。

  • 来店予約
  • 資料請求

TOP