お相手から話を引き出すことで会話が弾む

相手の話を引き出すには。

イメージ 会話の基本は、相手の話を引き出すことです。そうでないと、いくら自分が球を投げても、キャッチボールにはなりません。
いちばん初歩的なのは、質問を投げかけることです。趣味や興味あること、昔から続けていること、今ハマッていることなどに話を向けます。

ここでの注意点は、質問の答えに興味を示し、そこから話題をそらさずに、さらに次の会話を展開することです。

たとえば、休日の過ごし方や趣味の話をしていて、女性がサイクリングが趣味だということがわかったとします。
自分がまったくサイクリングに興味がなかったとしても「へー、そうなんですか」で終わらせないこと。

「けっこう脚力がいりますよね」、「どんなところを走るんですか」、「どんな自転車に乗っているんですか」というように、ひとつの質問から話を発展させていきましょう。
相手も、自分の話に興味を示してくれているので、おのずと雄弁になります。

ただ、いくらコミュニケーションの達人でも、まったく自分の知らない世界のことで、会話を続けることはできません。
「最近ピラティスにこっているんです」と言われ、それがなんだかわからなければ、「名前は聞いたことがあるんですが、どんなことをするんですか?」と素直に聞いてしまうことです。

また、事前に相手がアウトドア好きだとわかっていたら、キャンプやウォーキングの雑誌を読んでおくなど、相手の趣味や興味に関連する多少の予備知識を入れておくのも一案です。

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが
責任をもってサポートします。

まずは、無料相談でお会いしましょう。

  • 来店予約
  • 資料請求

TOP