お見合い・デートで服装を選ぶポイント

どんな服装で行けばいい?

イメージ デートはハレの舞台ですから、いつもの自分、ありのままの自分では婚活はできません。真剣な交際に入るまでは、自分で自分を「恋愛しようというモード」に向かわせることがたいせつです。

そのためには、演出も必要になります。

男性は、颯爽と女性をエスコートする自分をイメージしてください。
そのためには、よれよれの服ではさまになりません。ビジネススーツでもかまいませんが、パリッとアイロンのかかったものにしましょう。ネクタイをおしゃれにするなど、ちょっとした工夫で仕事モードとは違う装いになります。
ネクタイをしないときでも、必ず襟つきのシャツを着て、ジャケットを着るようにしましょう。

意外に見落としがちなのが、靴下です。
靴下は、靴やスーツに合わせた色を選ぶこと。スーツ着用の場合、スポーツソックスや白い靴下はNGです。
ワイシャツの襟足や袖口が黄ばんでいたり、すり切れていたりしないか、靴が汚れていないかも確認しましょう。

女性は、男性のスーツに相当する定番アイテムはないので、逆に迷ってしまうかもしれません。けれど、ポイントは、婚活という舞台で自分をどう演出するかです。

女性だからスカートをはくべきということではありませんが、ふわふわしたシルエットの服装やアクセサリー、カールした髪など、楽しむつもりで、女性にしかできないおしゃれをしたいものです。
「カッコいい女」、「かわいい女」といったテーマを決めて、スタイリストになったつもりで服装をコーディネートすれば、客観的に自分を演出できます。

しっかりとメイクする必要はありませんが、口紅とマスカラをつけるだけで印象が変わります。
ネイルははげていないか、ストッキングが伝線していないかも必ず確かめましょう。

だいじなのは、自分を盛りあげて、デートの場に送り出すという姿勢です。いつもより、少しがんばったくらいの服装で出かけましょう。

まずは、無料相談でお会いしましょう。
  • 来店予約
  • 資料請求

TOP