婚活では自分自身の良いところを見つけよう

一芸に秀でたほうが、ずっと効果的。

イメージ 「モテる男の恋愛テクニック」、「女性に好かれるための会話術」、「モテる女の条件」、「男心をつかむ10の法則」……雑誌やインターネットの情報を見ると、こんな言葉があふれかえっています。

いつの時代も、モテたいという気持ちは、男女ともに共通する思いだといえます。
もちろん、モテるという要素は結婚するにあたって有利ではあります。

より多くの人に好かれるということは、まわりが放っておかない状況ですから、さして苦労せずにデートにこぎつけることも可能でしょう。よりどりみどりとはいいませんが、よりよい相手にめぐり会う確率も高くなります。
けれども、モテる男、モテる女をめざして努力すれば、よりよい相手と結婚できるかというと、必ずしもそうではありません。なぜなら、自分が望む相手も自分を選んでくれなければ、結婚は成立しないからです。

大学受験にたとえてお話ししましょう。
モテる人を偏差値の高い人、モテない人を偏差値の低い人と考えてください。大学受験の場合、各大学に偏差値のレベルがあります。希望の大学の偏差値を調べ、そのレベルまで学力を上げれば、合格ラインに達するわけです。

けれども、結婚の場合は、努力してモテ度の偏差値を上げても、希望の相手と結婚できるわけではありません。

モテ度の偏差値の高い人は、100人の異性がいたら、より多くの人に「おつきあいしたい」と思われるでしょう。けれど、100人のうち99人の人に「つきあいたい」と言われても、自分が望むたった一人の人からOKが出なければ、意味がないのです。

結婚できる人は、モテる人ではなく、自分にしかないよさに目を向けることのできる人です。
よいところがないからモテないんだと、くさる必要はありません。

よさというのは、年収が高いとかスポーツができるとかいうように、人からの評価が高いものということではありません。自分自身にしかないこだわりや強い思いに目を向け、育てていけばいいのです。

たとえば、ラーメンやギョーザ、オムライスやスイーツ、日本酒でも、とにかく自分の好きな食べ物やお酒についてとことん追求してみるのもひとつの手です。

あるいは、サッカーやマラソン、釣りや映画、読書でも、趣味の領域をさらに深める努力をしてみる。
自分の好きなもの、好きなことに関して、徹底的に深掘りするだけでも、話題や知識が身につきます。

出会った相手、いいなと感じた相手が、同じ趣味や嗜好をもっているとは限りません。
けれど、とことん自分の好きなことを深めていけば、まったく興味のない人に、興味を抱いてもらえるように伝えることもできるようになるでしょう。

だれしも好きなものには思い入れがあります。思い入れとは、なぜ好きになったのか、何がおもしろいのかといった、あなただけの思いですから、自分という人間のアピールポイントにもなります。

すてきな男や女になるための、決まったお手本などないのです。モテる男や女の会話やふるまいを必死になって真似したところで、それはあなたの魅力にはなりません。

そんなことで偏差値を上げるくらいなら、偏差値などでは測れない自分だけの一芸に秀でたほうが、ずっと効果的だといえるでしょう。

婚活ノートで定期的に改善点をチェック

 おつきあいを断られたときはもちろん、うまくいったときも、出会いのたびに反省点や気づきがあるはずです。
そこでおすすめなのが、「婚活ノート」をつけることです。

「婚活ノートで定期的に改善点をチェック」はこちら

結婚や婚活に関する心の変化を感じ取ろう

「いい出会いがない」
そうこぼすのは、周囲に異性がいない環境だという人だけではありません。

「結婚や婚活に関する心の変化を感じ取ろう」はこちら

振られても相性が悪かっただけと考えよう

誰しも、ふられるというのは気分のいいものではありません。「就活」で一社に断られてもトコトン落ち込むのに、一人の異性にノーを突きつけられるわけですから、ガックリするのは当然です。

「振られても相性が悪かっただけと考えよう」はこちら

お付き合いに失敗しても自己否定しない

せっかくデートにこぎつけ、何度か会う機会をもったのに、おつきあいを断られたときの脱力感は、想像にかたくありません。

「お付き合いに失敗しても自己否定しない」はこちら

婚活の鉄則は自分を信じて諦めないこと

「就活」もそうですが、選考の場に臨むというのは、くたびれるものです。
まして、「婚活」は相手が人間ですから、ノーをつきつけられなくても、あからさまに興味のない態度をとられたりと、たびたび自信をなくすこともあるでしょう。

「婚活の鉄則は自分を信じて諦めないこと」はこちら

自分では気づかないプライドが婚活を妨げる

人間はプライドの生き物です。どんなに自信のない人でも、心の奥底には、プライドがうず巻いているものです。

「自分では気づかないプライドが婚活を妨げる」はこちら

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが
責任をもってサポートします。

まずは、無料相談でお会いしましょう。

  • 来店予約
  • 資料請求

TOP