お付き合いに失敗しても自己否定しない

おつきあいがうまくいかなくても、自分を否定されたと考えないこと。

イメージせっかくデートにこぎつけ、何度か会う機会をもったのに、おつきあいを断られたときの脱力感は、想像にかたくありません。
けれど、そこで自分自身を丸ごと否定されたと考えないことです。

そうすると、自分は魅力のない人間だ→自信がもてない→なにごともマイナス方向に考えてしまう→出会いの場でも覇気が出ない→相手にいい印象をもたれない→デートを申し込んでも断られるというように、負のスパイラルができあがってしまいます。

そもそも、婚活というのはいい相手を見つけるために、出会いをくり返す活動です。
婚活を始めてから、一度もふられることなく、最初にデートした人と結婚するほうが、まれな話です。

「婚活」を続ける以上、相手にノーを突きつけられることもあれば、自分が相手にノーを突きつけることもあります。 冷静に考えれば、おつきあいを断ったり、断られたりしながら、いい相手を見つけていくのが、だれもが通る結婚への道筋なのです。

テンションが落ちたまま「婚活」を続けても、いい結果は出ません。おつきあいを断られたからといって、過度に落ち込まないことです。

まずは、無料相談でお会いしましょう。
  • 来店予約
  • 資料請求

TOP