婚活が生まれた時代的な背景

なぜ、「婚活」が叫ばれるようになったのでしょう。

イメージ1960年代半ばには、恋愛結婚の数が見合い結婚の数を上まわります。

家と家の間で、親たちが決めた相手ではなく、自由に好きな人と結婚できるようになったかわりに、適齢期になれば、あたり前のように用意されていた、見合いという出会いの場も減少していきました。

核家族化によって、息子夫婦も出身地から離れ、別の場所に移住するようになったので、地縁も減少。適齢期になると、近所の世話やきおばさんが縁談を持ち込むなんて話も、減少していきます。

さらに、バブルが崩壊してから、終身雇用で家族主義的だった会社のあり方も変わっていき、上司などが世話をする職縁も減少したわけです。

また、1986年には、男女雇用機会均等法が施行され、女性の就業率も上がっていきます。

女性が社会進出することで、女性たちの意識も大きく変化し、生活スタイルも多様化するようになりました。恋愛のゴールが結婚という意識もなくなり、収入も得た女性たちにとって、もはや結婚は必然ではないのです。 さらに、核家族化によって、育児や介護にかかる生活コストも上昇しているので、結婚したから安定した暮らしができるという意識も薄れてきました。

まずは、無料相談でお会いしましょう。
  • 来店予約
  • 資料請求

TOP