友達以上恋人未満の関係から先に進むには?

意思を伝えることが大切です。

イメージ 自分は恋人になりたいと思っているのに、お相手は友達でいることを望んでいるというケースが時々起こります。恋人になりたいと望んでいるため、寂しい気持ちになることでしょう。いつか振り向いてくれるかもしれないと考えて、お相手へのアプローチを続けることも、恋人になるために良いかもしれません。恋愛感情を持ってくれているお相手に対し、恋人として考えられないのならばはっきりとケジメをつける方が良いのか、優柔不断に付き合いを続ける方が良いのか考えてみる必要がありそうです。

友達以上恋人未満の強みを生かす

友達以上の関係ではあるが、恋人ではないという曖昧な関係を打破したいと考えている方は多くいらっしゃるでしょう。女性から男性にアプローチをする場合、友達以上恋人未満の立場を活かしていくと良いです。まず、連絡を取っても嫌がられないという強みを活かして、適度に連絡をしてみましょう。日頃、メールのやりとりをしているお相手から電話がかかってくるとドキッとするものです。会話をしているときは、無理にウケを狙う必要はありません。面白い話をする方は男女問わず好かれます。しかし、ただ面白い方と認識されてしまっては、恋愛感情を持たれにくくなる危険性もあるのです。彼の話を笑顔で聞く側にいたほうが、好感を持たれるでしょう。会話のところどころで、友達には話さないようなことを言うのも効果的です。お相手が自分にとって特別なのだということを、さりげなく伝えていきましょう。

都合の良い存在にはならないように

友達から恋人になるためには、思いを伝えることが必要です。友達以上恋人未満という、仲は良いけれどまだ恋人ではない関係では、なかなか告白する勇気を持つことができないこともあるかもしれません。現在の仲の良い関係を壊すことになるかもしれないという心配もあるでしょう。しかし、お相手と付き合いたいと思い、ゆくゆくは結婚もしたいと考えているのならば、勇気を持つことが必要です。告白は曖昧に行わずにはっきりと気持ちを伝えましょう。曖昧な告白をしてしまうと仲の良さから冗談と受け取られる可能性もあります。また、都合の良い存在にはならないように気をつけましょう。告白する時には、曖昧な関係でなく恋人になりたいという意思を伝えることが大切です。

まずは、無料相談でお会いしましょう。
  • 来店予約
  • 資料請求

TOP