両親が年下の彼氏との結婚を許してくれません

結婚に向けて堂々長く同棲している方も少なくありません。

イメージ 近年、芸能界では歳の差カップルが話題となることが多くあります。失敗を恐れない積極的な男性が減りつつあるとされる一方で、弱い男性を見ると放っておけないような頼れる女性も増えてきているようです。男性は年上の女性に憧れ、女性は年下の男性に母性本能を感じるようです。年下男性とお付き合いするのは珍しいことではありませんが、いざ結婚となるとスムーズにはいかないケースが多くあるようです。特に男性の年齢が若ければ若いほど、ご両親から反対されてしまうことが多くなっています。お相手の父親から見れば大事なお子様を任せる訳ですから、幸せを願うためにも厳しい判断をするのは当然のことです。22、23歳と就職したばかりのお相手に対して、生活をすることができるのかと経済的な問題を心配するご両親も多いかもしれません。

年齢だけでは本来の姿は分かりません

結婚相手が年下ということに抵抗がないご両親であっても、5歳、6歳あるいは10歳以上年齢が離れていれば驚いてしまうこともあるでしょう。年齢から様々なイメージを抱いてしまうことはありますが、それはあくまでも一般論に過ぎません。若い方でも、芯が強く責任感のある方はいます。男性も女性も年齢だけでは、本来の姿を知ることはできません。経済的な部分も含め、彼の結婚に対する考えと、二人の強い意志を伝えることで、ご両親が理解を示してくれることもあるでしょう。ご両親としっかり向き合って話をすることで、お互いの印象も変わり分かり合えることが出てきます。やはり結婚をするなら、みんなに祝福されたいと願うのは当然のことではないでしょうか。

結婚をするのは自分自身です

ご両親に結婚を反対されてしまったら、少なからず動揺してしまうことでしょう。但し、簡単に結婚を考え直すような、軽い気持ちではないと思います。ご両親を説得することができなくても、実際に結婚するのは自分自身です。社会人ともなれば立派な大人であり、ご両親に認めてもらえなくても結婚をすることは可能です。自分の気持ちを押し殺して彼との結婚を諦めてしまうことで、一生後悔をすることになるかもしれません。また、その時はすれ違ってしまっても、親子であることは一生変わりません。どこのご両親であっても、子供の幸せを誰よりも第一に考えています。初めは結婚に反対をしていたとしても、幸せな姿を見たら誰よりも喜んでくれることでしょう。固い絆によってご両親の反対という壁を乗り越えて下さい。

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが
責任をもってサポートします。

まずは、無料相談でお会いしましょう。

  • 来店予約
  • 資料請求

TOP