束縛されたい相手とはどう接するべきなの?

して欲しいということを伝えるのも良いです。

イメージ 交際相手の彼が束縛を求めるときは、彼女から恋の情熱を感じられずに焦っているときだとも考えられます。しかし、束縛をしたがるタイプの彼女でなければ、接し方について悩んでしまうかもしれません。束縛といっても、難しいことではありません。たとえば、彼が仕事で急に会えなくなったというときに、「そうなんだ、頑張ってね」とあっさり済ませないことがポイントになります。「あなたに会えなくて残念だ」ということや寂しいというようなことを伝えることで、彼は嬉しく思ってくれるかもしれません。また、会えなかった日の夜に電話やメールをして欲しいということを伝えるのも良いです。彼のことを必要としているということを要所で伝えていくことが、非常に大切になります。「彼女のそばには自分がいなければならない」という強い気持ちを持ったとき、彼は結婚を意識するかもしれません。

自分の趣味を伝えていく

交際中の彼氏から「束縛されたい」という要望を聞いたとき、どのように束縛をしたら良いのか迷うこともあるかもしれません。まずは、束縛されたいといった彼の本心を考えてみる必要があるでしょう。彼女に、もっと自分に興味を持ってもらいたいという気持ちが強いことも考えられます。そこで、彼に自分の趣味を主張してみると良いです。たとえば、自分好みの服を買って彼に着せてみましょう。似合っていたら褒めることです。言葉遣いや食事のマナーなど、気になるところは注意して、良いところは褒めます。「あなたは私のことを分かってくれる」ということを伝えていくと良いです。男性は頼られると自信を持ちます。そして、彼女に褒められると嬉しいものです。彼氏を褒めたり注意したりすることで、彼氏のことをきちんと見ているということを伝えていきましょう。

男女で束縛に対する考え方が違う

男性と女性では、恋愛における束縛に対する考え方が少々異なるようです。女性は、束縛したがる方や束縛されたがる方は少ないようです。一方、男性は束縛したいという方が多いようです。交際相手の彼女が魅力的であればあるほど、束縛したくなる傾向は強いと言えるでしょう。そして、女性に束縛されることを嫌がる方は多くありません。男性は、自分が必要とされていると感じると喜びを覚えます。交際相手の女性に束縛を求めることもあるでしょう。彼女から「束縛はしないでほしい」と言われたときは、自分の行動を振り返ることが大切です。束縛に対する価値観は人それぞれであることを認識し、ふたりにとって心地よい関係を築くように努めましょう。

あなたの婚活を、私たちコンシェルジュが
責任をもってサポートします。

まずは、無料相談でお会いしましょう。

  • 来店予約
  • 資料請求

TOP