曖昧な関係が続いていることに悩んでいます

お相手が本気の付き合いを望んでいない可能性があります。

イメージ 交際に至らず曖昧な関係が続いていることで、悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。素直に気持ちを打ち明けたにも関わらず、恋人関係に発展しないということは、お相手が本気の付き合いを望んでいない可能性があります。おそらく、片思いをしている側でも、お相手が本気でないことに気づいている場合がほとんどでしょう。まずは、曖昧な関係を築いている異性との付き合いについて、冷静に見直すことです。紙に、お相手と一緒にいることのメリットとデメリットを書き出してみましょう。メリットのほうが多い場合は付き合いを続けようという気持ちになります。しかしデメリットが多い場合は、たとえ時間がかかっても、関係を解消しようとするでしょう。自分自身で答えを出すことができるはずです。

都合の良い女にならないために

男性が「好きだけど付き合えない」という場合は、どのような理由が考えられるでしょう。本当に好きならば、告白されたらすぐに付き合うものです。束縛されることが嫌だからという男性もいるかもしれません。しかし、本当に好意を持っているお相手ならば束縛されても構わないと思うものでしょう。曖昧な関係から脱出しようとして告白したにも関わらず、曖昧な返事をされた場合は、お相手の男性との付き合いを考え直す必要があります。曖昧な関係でも付き合いを続けたいという場合、その状況が苦でないのならば良いかもしれません。しかし曖昧な関係に傷つき、ストレスが増すばかりであるならその交際は良いものとは言えないでしょう。将来、結婚も考えているのなら、曖昧な関係を続けようとするお相手のことを本当に信用することができるのか考えてみることです。結婚は、信頼関係を築くことが非常に大切だと言えるでしょう。そして、自分の気持ちを受け止めてくれるお相手こそ、理想の結婚相手のはずです。

曖昧な関係に区切りをつける時期を決める

結婚を意識して交際相手を探している場合、特定の異性と曖昧な関係が長く続く状況は好ましいとは言えないかもしれません。告白してもはっきりと返事をもらうことができなかったり、「今は友達だけどもしかしたら好きになるかもしれない」というような返事をもらったにも関わらず、一向に進展しなかったりするときは、お相手との交際を見直す必要も考えるべきです。そもそも、曖昧な関係を長く続けないために、区切りをつける時期を決めましょう。曖昧な関係が始まってから3か月経っても進展がない場合はあきらめて次の異性を探すといった具合です。前向きに恋愛を楽しみ、素敵な結婚相手を見つけるためにも、勇気を持って一歩を踏み出しましょう。

まずは、無料相談でお会いしましょう。
  • 来店予約
  • 資料請求

TOP