彼氏(彼女)いない暦が長く、恋愛の経験が少ないです

受け身である姿勢が足を引っ張っているかもしれません。

イメージ 彼氏いない歴や彼女いない歴が長い場合、原因について自ら考察してみる方は多いかもしれません。彼氏がいないことがコンプレックスになったり、焦って彼氏を作ろうとしてうまくいかないこともあるでしょう。たとえば、彼氏ができなかった原因として、過去にご両親から交際を制限されていたというケースもあります。告白されても男性の気持ちを信じることができずに、彼氏を得るチャンスを棒に振ってしまったこともあるかもしれません。また、自ら告白した経験がないことも、恋愛で一歩を踏み出せずにいる原因になっていることもあるでしょう。いずれにしても、受け身である姿勢が足を引っ張っていると言えるかもしれません。見方を変えれば、恋愛に対して積極的ではないと言えるでしょう。まずは自分が本当に恋愛をしたいと思っているかどうかを見直すと良いです。本当に誰かを好きになったときは、居ても立ってもいられず、積極的になるかもしれません。

たくさんの人達と触れ合う機会を作る

彼氏いない歴や彼女いない歴が長い方は、コンプレックスを抱いていることがあります。恋愛経験が乏しいと、自分に自信を持つことができなくなることもあるでしょう。しかし、恋愛をしたいと本気で思っているのなら、自ら行動していくことが大切になります。いきなり恋愛を意識するような婚活パーティに赴く前に、ボランティア活動やフィールドワークに参加してみることも良いでしょう。さまざまな方達と出会い、会話をする機会を増やして、人とコミュニケーションを取ることに慣れることです。そして、自分から声をかける練習をしましょう。さまざまな方と会話をすることに慣れたら、婚活パーティに参加したときも、友達を作る感覚で話をすることができるでしょう。緊張しないで話すことができるように、自分の意識を変えてみましょう。

恋愛をしたことがないことは悪いことではない

人生の中で恋人を作らなかった方は、どのような理由で恋人を作らなかったのでしょう。中には、恋愛以外に打ち込むものがあったためという方も多くいらっしゃるはずです。学生時代に勉強や部活動に集中していたのかもしれません。社会人になってからも、仕事に熱心に打ち込んだり、趣味に没頭したりしていたために恋愛のチャンスを逃していた可能性があります。勉強熱心であることや仕事熱心であることは非常に素晴らしいことです。もしも、恋人がいなくて悩んでいるのなら、自分が頑張ってきたことを振り返ってみましょう。自分の長所に気づくことができるはずです。仕事熱心である方を魅力的に感じる異性は多くいらっしゃるでしょう。恋愛、結婚をしたいと前向きになったときには、自分の長所を信じて行動していくと良いです。

まずは、無料相談でお会いしましょう。
  • 来店予約
  • 資料請求

TOP