もうすぐアラフォーなのに、結婚願望がありません

人それぞれ異なり変化していくものです。

イメージ 昔は結婚適齢期になると、両親をはじめ親戚の方から結婚について尋ねられることが多くありました。但し現代の、30代は仕事の一戦に立ち活躍する時期にあたりそのため、結婚の適齢期が上がり、40代の独身者も増加傾向にあります。独身者が多いと言っても恋愛経験が全くない訳ではなく、3年、5年と長くお付き合いをしている方も多く見られます。後輩達が育ち、また仕事でのポジションも変わるにつれて、少しずつ時間と気持ちに余裕が生まれ、結婚について考え始めることでしょう。婚活に励んでいる同年代の方を見ると、アラフォーなのに結婚願望がないということが、間違っているかのように感じてしまい悩んでしまうケースも少なくないようです。結婚願望というのは環境や状況により考え方が変わるため、人それぞれ異なり変化していくものです。

結婚に年齢制限はありません

結婚とは誰もがしなくてはいけないというものではなく、自然な流れの中でタイミングが合ったときにお互いの意志で行うものです。ある程度の年齢からそろそろ家庭を持ち落ち着かなくてはいけないという気持ちが強く、お付き合いしたら結婚しなくてはならないという固定概念にとらわれている人もいるのではないでしょうか。願望がないのに無理に結婚を意識する必要はありません。まずは日々の生活を楽しく充実させるために、パートナーを探してみてはいかがでしょうか。一緒に時間を過ごしていく中でお互いのことを理解し、生涯一緒に居たいと感じたときが一番の適齢期なのではないかと思います。定年を迎え独りになって始めて、傍にいて欲しいという思いから結婚をする方もいるでしょう。結婚をするのに年齢は関係ないのです。

幸せを第一に考えましょう

結婚願望がないということは悪いことではないのに、アラフォーを迎えて願望がないことに悩みを抱えてしまう人も中にはいるようです。しかし、大切なことは自分の気持ちに正直であるということです。願望がないのに周りの流れに沿って結婚をしては、お互い幸せになれるとは限りません。良好な関係を築いていたカップルが、焦って結婚することで関係が思うようにいかなくなるケースも少なくないようです。中途半端な気持ちでは、お相手の方にも失礼を与えてしまうこともあります。今の幸せを大切にし、長い目で恋愛を考えてみてはいかがでしょうか?結婚はお互いが新たな人生を歩むためのスタート地点です。末永く二人が心から幸せでいられることが何よりも一番であって、幸せを願い素直な気持ちを伝えることで、お互いの絆も深まり幸せな日々を過ごせるのではないでしょうか。

まずは、無料相談でお会いしましょう。
  • 来店予約
  • 資料請求

TOP