バツイチの方とのお見合い

お相手の方がバツイチだったというケースも少なくありません。

イメージ 近年では結婚をしたいという気持ちを明確にした方が、結婚相談所などを利用して積極的に出会いの場を広げています。興味のあるイベントに参加したり、結婚相談所に登録をしてお見合いのお相手を探したりして婚活を行っていることでしょう。理想に近い方が必ずしも運命のお相手という訳ではなく、実際に会って話をしてみなければ分からないことはたくさんあります。また、お相手の方について必ずしも未婚であるとは限らず、希望の条件に合ったお相手の方がバツイチだったというケースも少なくありません。昔に比べ、離婚に対する世間のイメージが変わり、お互いの幸せのために離婚という道を選ぶ方も多くなっています。バツイチということにこだわりを持たない方も多く、未婚の方がバツイチの方とお見合いをするケースも増えてきました。

見た目以上に心の傷は深いものです

未婚の方にとって、バツイチの方は恋愛や結婚において経験豊富なため、頼りがいがあり、大人の魅力を感じることでしょう。スマートな対応と気配りが居心地良く、甘えてしまうこともあるのではないでしょうか。しかし、離婚の原因を連想させるような言動は慎まなければなりません。離婚したことを気にしていないように見えても、夫婦の別れは結びつきが深い分心の傷も深いものです。心の傷を抱えながら一歩一歩前へ進んでいる状態であるため、神経が過敏になっており些細なことで傷ついてしまうこともあるでしょう。未婚の方からすると結婚や離婚といったいきさつは未知の世界であり、知らぬうちにお相手の方を傷つけてしまっているケースも少なくありません。思ったことを口にする前に、一度考える配慮も必要ではないでしょうか。

ストレートではなくやわらかな聞き方をしよう

バツイチの方とお付き合いをする際、第一に考えるのがお子様の問題ではないでしょうか。特にお相手の方がシングルマザーの場合、お子様も含めた家族としての考え方も重要となります。お子様の気持ちを理解し、全てを受け止めて愛することができなければ、再婚は難しい問題となるでしょう。再婚を考える際には、経済面も気になる問題の一つです。お相手が男性の場合、慰謝料や教育費を支払っているケースは多くあります。お付き合いをしている段階ではお相手個人の事情ではありますが、結婚を意識するならば確かめておいた方がいいでしょう。離婚をしたことにより結婚に対するイメージが変わってしまい、警戒をしてしまう方も少なくありません。結婚を意識し過ぎず、恋愛を楽しむことで徐々に傷も癒え、再婚へ向けた道も開けることでしょう。

まずは、無料相談でお会いしましょう。
  • 来店予約
  • 資料請求

TOP