お見合いの断り方

なるべく早めに相手に伝えた方が良いでしょう。

イメージ お見合いの話が来たとしても必ず受けなければならないというものではありません。まだ結婚する気がない場合や、相手の方と会ってみたけれど結婚まで想像することができないといったケースもあります。結婚まで前向きに考えることができないと判断した場合は、なるべく早めに相手に伝えた方が良いでしょう。お見合いの断り方は、紹介者してくれた方と自分との関係によって少々異なりますが、紹介者が上司や恩師など目上の方の場合は、紹介者の立場を考えて断りを入れるようにしましょう。親友など気心が知れた相手であれば、結婚はまだ先にしようと思うというような断り方で構わないようですが、お相手にもはっきりした断り方をしましょう。

上司からのお見合い話の断り方

上司からお見合い話を持ちかけられた場合、タイミングによって断り方は少しずつ異なります。まず、まだ結婚する気がない時にお見合い話を持ちかけられた時は、相手の方の写真や書類を受け取らないようにしましょう。断り方としては、はっきりとした理由を伝えるのが好ましいです。次に、実際に一度だけお見合いをしてから断る場合が考えられます。この場合は、紹介者である上司に、「話をしてみましたが価値観が大きく異なるようです」というように、紹介者の立場を考えて断りを入れるようにしましょう。

お見合いを断る時のマナー

お見合いを断るということは勇気が必要なものです。紹介者の方やお相手の方を傷つけるかもしれないというような不安や、自分が悪く思われるかもしれないという心配もあるでしょう。しかし、お見合いを断ることができないまま、時間だけ経過することはお相手にとっても失礼となります。お見合いを断る時のマナーとして一番大切なことは、結婚に対して前向きになれないと判断した時点で気持ちを伝えることです。断るタイミングの見極めは難しいかもしれませんが、早めに断ることで相手の方もその分早く次のステップに進むことができます。お断りする際は、相手の方や紹介者の方に対して失礼のないように、誠意を尽くすことが大切です。

まずは、無料相談でお会いしましょう。
  • 来店予約
  • 資料請求

TOP