結婚相談所・結婚支援サービスパートナーエージェント > 私たちの想い > プレスリリース > 婚活マーケティング活用の100名限定「男性専用パック」をスタート

会社情報

プレスリリース

2011/12/01

女性の結婚希望者が増加!未婚男性はいまや売り手市場に 婚活マーケティング活用の100名限定「男性専用パック」をスタート

コンシェルジュによる婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェント(本社:東京都品川区、代表取締役:佐藤茂、以下パートナーエージェント)は、この度、男性会員様向けに、これまでになかった“婚活マーケティング術”を活用した「男性専用パック」を、100名様限定でスタートさせましたので、ご報告致します。

<サービスの特徴>
20~40歳 男性の未婚率は、いまだ3割強(平成22年国勢調査より)という、依然“過去最高水域”を保ち続けています。結婚を望みながら、男性が消極的になってしまう主な理由は『不況による所得の低下』や、女性と距離を保っていた方が楽に感じるという点にあります。 この『男性専用パック』は、そんな独身男性に「婚活マーケティング」を活用していただき、現在の婚活市場における自身の優位点や、失敗しないパートナー選びを学んでいただけるということが最大の特徴です。


<なぜ今、男性が婚活するタイミングなのか?>
~男性の婚活に追い風~  震災によって、女性の結婚意欲がピーク

報道各社に取り上げられているように、3.11の震災以来「結婚したい」「不安も喜びもパートナーと共有したい」という女性が急増しました。 未婚女性の“結婚意欲”は現在も高いまま推移され、“婚活市場”においては、女性会員が増え続けているという傾向がみられます。そんな今だからこそ、“売り手市場”となっている未婚男性が「婚活」をスタートするには絶好の機会となっています。


結婚がもたらす、人生の有益性
【未婚男性が結婚しない、3つの理由】
【未婚男性が知っておくべき、3つの事実】

■低所得のため、結婚に家庭を養う自信がない
 → 共働き志向の女性が増加。結婚すると世帯所得は上がり生活は豊かに

■自分のために使う時間やお金が少なくなる
→50代以上の男性の婚活が密かにブームを迎える。独身を謳歌の末に、再度結婚を考える傾向に。しかし、50代以上の男性の結婚市場における需要は決して高くない。

■結婚の必要性を感じない
未婚男性より既婚男性のほうが寿命は長い

米ケンタッキー州のルイスヴィル大学の研究グループは、過去60年にわたって約5億人を対象に行ってきた90項目の関連研究を分析した結果をこのほどまとめた。それによると、独身女性の寿命は既婚女性より平均7-15年短く、独身男性は既婚男性より8-17年も短い。また独身男性の死亡率は結婚している人より32%も高く、独身女性より23%も高い。30-39歳の人だけを見ると、独身者の死亡率は既婚者よりも28%高いのに対し、70歳になると12%高いだけにとどまっている。(米国の疫学学術誌(The American Journal of Epidemiology)

≪100名様限定!「男性専用パック」≫
対象:2011年12月1日~2012年1月31日までに入会された男性会員 された男性会員
費用:16,800円×3ヶ月

<サービス概要>
1.◇男性ための婚活スタートセミナー ~婚活マーケティングの活用
婚活市場で10年以上のキャリアを誇る弊社代表の佐藤が、これまでに培ってきた“婚活マーケティング術”をセミナーにて、お話させていただきます。

1.“独身市場”の概要を把握
2.自分の市場価値を客観的に分析
3.失敗しないパートナーの選定方法
4.女性とのコミュニケーションについて
5.婚活の始動にあたって

2.◇専任コンシェルジュサービス 実践!男の婚活。婚活のPDCA
パートナーエージェントのコンシェルジュは、「コーチングテクニック」という専門スキルを修得しています。
人の深層心理にある想いや価値観を探り、目標を明確にします。「どういった人が理想なのか分らない」という迷える男性に最適なサービスです。また、「婚活のやり方がわからない」という男性には、コンシェルジュが“婚活のPDCA”(Plan→Do→Check→Action)を繰り返し、成婚まで導きます。
●結婚相談所連盟の約3万5000人の会員データベースを検索し、相手をリクエストすることも可能


関連ページ

パートナーエージェント支店一覧

札幌店  新宿店  銀座店  銀座数寄屋橋店  池袋店  上野店  丸の内店  町田店  横浜店  大宮店  千葉店  船橋店
名古屋店  岡崎店  静岡店  浜松店  大阪店  なんば店  京都店  神戸店  福岡店  北九州店

パートナーエージェント公式SNS

新着ニュースや人気のプレスリリースをお届けします。

本件に関する報道関係者からのお問合せ先
TEL:03-6388-9831  FAX:03-5759-2701  info@p-a.jp / 広報担当:野沢

TOP